コラム

復活に向け動き出したトランプに名門一族の御曹司もひれ伏した

2021年06月22日(火)15時30分

トランプは政治活動を再開(6月5日、サウスカロライナ州で)AP/AFLO

<SNSから締め出しが続く前大統領だがその圧倒的な影響力は健在。ブッシュ一族のプリンスが見せた「裏切り行為」がトランプ一強を物語る>

フェイスブックやツイッターからの締め出しが続き、新たに開設したブログもたちまち閉鎖に追い込まれるなど、トランプ前大統領はアメリカ社会でつまはじきにされているように見えるかもしれない。しかし、政治的復活へに向けて動き出した前大統領の先行きは決して暗くない。

選挙結果の予測市場を見ると、次回の2024年の米大統領選でトランプが勝つ確率は、ハリス副大統領(20%)、バイデン大統領(16.7%) に次ぐ3 位(11.1%)。トランプ自身も、最近のテレビ出演などで大統領選再出馬に色気を見せている。

歴史に照らせば、トランプの大統領返り咲きは難しそうに見える。現職大統領として臨んだ大統領選で敗れた人物がのちにホワイトハウスを奪還した例は、19世紀のクリーブランド元大統領だけ。再選に失敗したカーター元大統領と父ブッシュ元大統領は権力闘争の世界から潔く身を引いた。

しかし、型破りの大統領だったトランプの今後を予測する上では、ほこりをかぶった歴史書をひもといてもあまり参考にならないのかもしれない。トランプの政治家としての驚異的な強さは、米政界屈指の名門一族であるブッシュ家の御曹司が最近取っている行動にはっきり見て取れる。

トランプは2016年大統領選の選挙戦でブッシュ家を激しく攻撃することにより、党の候補者へのし上がっていった。父ブッシュと息子ブッシュの両元大統領の政治を嘲笑し、この年の共和党予備選でトップランナーと目されていたジェブ・ブッシュ(父ブッシュの次男、息子ブッシュの弟)に対する卑劣な中傷キャンペーンに多くの選挙資金をつぎ込んだ。

ところが、22年中間選挙のテキサス州司法長官選に名乗りを上げているジェブ・ブッシュの長男ジョージ・P・ブッシュは、トランプを称賛している。共和党政治家としての未来を考えれば、父と祖父と伯父を裏切ることになっても、トランプに服従しなくてはならないと理解しているのだ。

世論調査を見れば、この若き御曹司の振る舞いが政治的に賢明なものだと分かる。最近の世論調査によれば、共和党支持者のうちでトランプが2024年の大統領選に出馬すべきでないと考える人はわずか28%にすぎない。

一方、共和党支持者の61%は、2020年の大統領選でトランプが不当に勝利を奪われたという見方を支持している。つまり、アメリカ国民全体で見ればトランプは歴史上屈指の不人気な大統領経験者だが(支持率が32%なのに対し、不支持率は55%に達している)、もし2024年の大統領選に出馬すれば、共和党の候補者指名を獲得することはほぼ確実だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国のインフレへの取り組みが進展=バイデン大統領

ビジネス

米ISM製造業景気指数、11月は49.0 約2年半

ビジネス

米個人消費支出、10月は0.8%増と堅調

ビジネス

日産社長、ルノーとの提携強化「確信」 月内発表には

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    「ツイッター終了」の未来

  • 9

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中