注目のキーワード

コラム

バイデン来日の目的は本当に「対中包囲網」なのか?

2022年05月18日(水)16時00分

支持率低下でバイデンは追い込まれている Elizabeth Frantz-REUTERS

<インフレによるアメリカの有権者の怒りは、現職大統領であるバイデンに向かっている>

5月22日にバイデン米大統領が来日します。日米首脳会談に続いて、東京で「QUAD(クアッド)」つまり、日本とアメリカ、インド、オーストラリアの4カ国の首脳会議が開催されます。「クアッド」では、安全保障などの分野での連携が語られるようです。

また、バイデン大統領は、今回の訪日に合わせて「インド太平洋経済枠組み(IPEF)」の発足を表明するそうです。アメリカのレモンド商務長官が17日の記者会見で発表しています。

この2つはいずれも「中国包囲網」という性格を持っています。「クアッド」は軍事外交上の包囲網ですし、IPEFも通商上の包囲網という性格を持つことが予想されます。世界はロシア・ウクライナ戦争という危機を抱えていますが、少なくとも今回の「バイデン訪日」に関しては、相変わらず通商面でも安全保障面でも中国に対抗しようという姿勢に見えます。

ですが今、バイデンにはそんな余裕は全くありません。

バイデンの支持率は40%と低迷し、特に無党派層では35%と危険水域に入っています。アメリカでは、11月の中間選挙に向けて予備選が佳境を迎えていますが、有権者の間には現状不満のエネルギーが満ちています。

40年ぶりの物価上昇率

不満の原因はほかでもありません。インフレです。前年比での物価上昇率は、ここ数カ月、8.5%前後という40年ぶりの高い上昇率になっています。生活必需品であるガソリン、卵、ベビーミルクが、それぞれ別の理由も重なって暴騰する中で、中古自動車、不動産の高騰も顕著です。

有権者の間には怒りが渦巻いており、その怒りは現職大統領であるバイデンに向かっています。問題が物価高という具体的なテーマであるだけに、共和党は勢い付いています。バイデンは完全に守勢に回った格好です。

このタイミングで「中国包囲網」を強化するメリットは、バイデンにはありません。ここからは、1つの思考実験になるのですが、米中関係は大きな転換点を迎えつつあるという見方もできます。とりあえず、状況証拠としては以下のような指摘ができると思います。

* * *


1)原油価格を下げるには、ロシア・ウクライナ戦争の停戦が必要。現時点で仲介ができるのは中国。

2)アメリカの物価高の大きな原因は、中国との間の物流停滞。さらに上海ロックダウンによる生産遅延の影響も出始めている。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、サル痘ワクチン少量接種法を勧告の可能性 供給

ビジネス

ビットコインが3週間ぶり安値、数分間で7%超下落

ワールド

中ロ首脳、11月のG20会議出席へ=インドネシア大

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中