Picture Power

イタリア農業は高級化で生き残る

LANDSCAPE OF TASTE

Photographs by Pietro Paolini

イタリア農業は高級化で生き残る

LANDSCAPE OF TASTE

Photographs by Pietro Paolini

ピエモンテ州では標高2000メートルのアルプスの牧草地で育った牛から作るチーズが有名。なかでも「カステルマーニョ」はイタリア産チーズで最初にDOP(保護指定原産地呼称)に認定された

 2国間や域内の関税を撤廃する自由貿易圏が世界的に広がるなか、他国の安価な製品から自国産業をどう守るべきか、多くの国が頭を悩ませている。TPP(環太平洋経済連携協定)への参加が決まった日本にとっても、農業の競争力強化は死活問題。その点、イタリアが進めてきた高級路線へのシフトは1つのヒントになるかもしれない。

 昔から農業国として知られるイタリアは今や、ヨーロッパ随一の高級食材の生産地でもある。ワインやチーズ、野菜、海産物など各地域の特産品の品質を高める工夫を重ねることで差別化に成功し、国際的な価格競争に負けないブランド価値を維持している。産地や製法についての細かい規定を満たした製品だけに付与されるDOP(保護指定原産地呼称)など、EU(欧州連合)の「お墨付き」を得た製品も数多くある。

 品質向上の取り組みの中でも特に力を入れてきたのが、化学肥料などを使わない有機農業への転換だ。今ではイタリア国内の耕作地のうち約8%の110万ヘクタールで有機農業が行われており、有機農家の数は欧州最多の4万8000以上。恵まれた気候と肥沃な土壌を武器に、生き残りを懸けた農家の努力は日々続いている。

Photographs by Pietro Paolini-TerraProject

<本誌2013年5月28日号掲載>

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!