コラム

イスラエル人とは何かを掘り下げる、『6月0日 アイヒマンが処刑された日』

2023年09月06日(水)18時45分
『6月0日 アイヒマンが処刑された日』

『6月0日 アイヒマンが処刑された日』

<アルゼンチンに潜伏するアイヒマンの逮捕劇やエルサレムでの裁判は、これまでにも描かれてきたが、アメリカ人監督パルトロウが注目したのは、死刑を宣告されたアイヒマンの最期だ......>

ユダヤ人の血を引くアメリカ人監督ジェイク・パルトロウが、イスラエルを訪れて作り上げた『6月0日 アイヒマンが処刑された日』は、ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンにまつわる歴史に新たな光をあてることがその出発点になっている。アルゼンチンに潜伏するアイヒマンの逮捕劇やエルサレムでの裁判は、これまでにも描かれてきたが、パルトロウが注目したのは、死刑を宣告されたアイヒマンの最期だ。

たとえば、ハンナ・アーレントの『エルサレムのアイヒマン』(みすず書房、2017年)では、最高裁が判決を下してから2日後の1962年5月31日に、イスラエル大統領が一切の恩赦請願を却下し、その数時間後にアイヒマンは絞首され、死体は焼却され、灰はイスラエル領海外の地中海にまき散らされたというように説明されている。本作のプレスにあるパルトロウのインタビューによれば、火葬を行わない文化・宗教において、それが実行された事実に興味を覚えたことが作品の発端になったという。そこでリサーチを進め、火葬のための焼却炉が作られた工場で働いていた人物の証言が得られたことで、ストーリーが形になっていった。

アイヒマンの処刑や火葬に関わる3人の人物

本作はアイヒマンという存在がなければ成り立たないが、彼は主人公ではないし、顔も映らない。主人公は、それぞれに異なる立場でアイヒマンの処刑や火葬に関わる3人の人物であり、その造形が印象的なコントラストを生み出すことで、パルトロウ独自の視点が見えてくることになる。

そんな特徴ある人物たちを見ながら筆者が思い出していたのは、エフゲニー・ルーマン監督の『声優夫婦の甘くない生活』を取り上げたときに引用したドナ・ローゼンタールの『イスラエル人とは何か』のことだ。そこには、ユダヤ人国家を構成する人々のことが詳述されている。

『声優夫婦の甘くない生活』の主人公であるロシア系もそのひとつだが、ここで注目する必要があるのは、「アシュケナジム」、「ミズラヒム」、「セファルディム」という3つの集団だ。

アシュケナジムは、ヨーロッパからやってきたエリート層で、イスラエルを建国したパイオニアの子孫や、ホロコーストを生き延びて第二次大戦後にやってきた人々などが含まれる。これに対して、ミズラヒムはイスラム教圏出身の人々で、セファルディムはイベリア半島から各地に四散していった子孫たちだ。ちなみに、ミズラヒムも含めてセファルディムと呼ばれることも多いが、ローゼンタールは、ミズラヒムのルーツがイベリア半島にはないという理由で、ふたつを明確に分けている。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story