コラム

オリンピックの終焉──裸足の王者アベベはもういない

2021年08月07日(土)20時03分
女子マラソン

シューズが勝敗を左右する(8月7日、女子マラソン) Kim Hong-Ji-REUTERS

<オリンピックが終わる。東京大会ではなくオリンピック自体が終わろうとしている。それは、コロナのせいではない>

オリンピックが終わろうとしている。

東京オリンピックが終わるのではなく、オリンピックという存在、意義、概念そのものが終わろうとしている。

***

今日は女子マラソンが行われ、明日は男子マラソン。ほとんどの選手がカーボンプレート入りのスペシャルシューズを履いている。今朝の女子では、ほとんどの選手が同じシューズを履いているのが、テレビでもよくわかった。明日もきっとそうだろう。

カーボンプレートシューズ(通称厚底シューズ)で、マラソンなら少なくとも数分は早くなっているといわれている。だから、世界記録が出ても(真夏のオリンピックでは出ないが)、何も凄くないし、20世紀のランナーより強いかどうかはわからないし、アベベとどちらが優れた選手かはわからない。

2021年、裸足の選手などありえない。だから、アベベはもういない。

これはマラソンだけでなく、すべての競技で起きていることだ。

カーボンプレートシューズが買えない選手は勝てない。つまり、カネのない選手は勝てない。スポンサーのつかない選手は勝てない。

アマチュアリズムのオリンピックなど誰も覚えていない。スポンサーがつかなければ、高地トレーニング費用もないし、遠征もない。もちろん、コーチもトレーナーも雇えない。さらに、米国を中心にスポーツ科学が発達し、最新鋭の機器と科学で、アスリートのトレーニングを革新する。日本も遅れを取り戻すために、北区の施設に資金を大量投入し、今回のオリンピックで成果を挙げている。

しかし、カネのない国、選手は、まったくついていけない。アベベが南スーダンに生まれれば、前橋市で友達はできたかもしれないが、メダルには遠く及ばない。

メダルの数とフェアネスは逆相関

オリンピックの結果は、格差の結果である。二大大国の米国と中国がメダルはダントツで多い、日本が遅れて続き、かつての大国ロシアがその残像を残す。

フェアなスポーツマンシップとメダルは無関係どころか、逆相関だ。

オリンピックは、もっとあからさまにカネまみれだ。

しかし、これを肯定する人々もいる。それは、広告代理店が儲け、公務員でない関係者たちが権力をほしいままにすることはよくないが、それでも、各競技団体が配分にあずかり、カネを得ることができ、それで初めて選手たちの強化費用が出る、ということを根拠に、カネまみれのオリンピックは必要悪で、仕方がない、という。

そんなことはない。

前述のように、その配分に預からない国は多数ある。競技団体から配分の来ない、各国内で権力のない指導者、選手たちがいる。あからさまに不公平だ。

強化費用前提のオリンピック自体が間違っている。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。新著に『アフターバブル: 近代資本主義は延命できるか』。他に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中