コラム

日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウンドトラック(OST)の独自性と魅力

2024年05月17日(金)09時37分
 

キム・スヒョンとキム・ジウォンの主演でこの春大ヒットした『涙の女王』よりBSS(부석순)(SEVENTEEN) -
The Reasons of My Smiles(자꾸만 웃게 돼)ティーザーMV SUPER SOUND Bugs! / YouTube

 

<韓流といえば韓国ドラマ。その劇中で流れる音楽の魅力とは?>

映画やテレビ番組、ゲームソフトなど特定のコンテンツのために制作した音楽を「オリジナルサウンドトラック」というが、韓国ではこの用語の略称として「OST」と呼ぶケースが多い。

韓国のOSTが注目を集めるようになったのは、ペ・ヨンジュンが主演を務めた『冬のソナタ』(2002年)だ。日本の韓流ブームの火付け役となったこのドラマでは、シューマンやベートーベンといったクラシックの大家の有名曲や、イージーリスニングの定番「白い恋人たち」(韓国オリジナル版のみ)などに加え、アジア特有の情感が漂うオリジナル曲を随所に挿入。いずれも純愛をテーマにしたストーリーに似合う、ゆったりとしたテンポの美しいナンバーだった。

なかでも多くの視聴者の心をとらえて離さなかったのが、男性シンガー・Ryu(リュウ)が歌った主題歌「最初から今まで」である。リリース当時無名に近かった彼は同曲のヒットで脚光を浴びて、いきなりスターダムへ。この劇的な変化のおかげもあり、キャリアが浅い歌手や新人、裏方が参加する地味な場所と見られていたOSTは、海外進出の足掛かり、もしくは自身がステップアップできるジャンルへと変わっていったのだ。


日本における韓流ブームの火付け役となった『冬のソナタ』 RyuOfficialJP / YouTube

最新ヒットドラマ『涙の女王』にみるOSTトレンド

となると、すでに実績のあるアーティストも目を付けないわけがない。以降はビッグネームの参加もめずらしくなくなり、それにともなってヒットチャートに入るOSTも増加。今では旬のシンガーがドラマの主題歌・挿入歌を歌うのは当たり前といった感じさえすらある。こうした傾向は、今春放送された話題のドラマ『涙の女王』のOSTをチェックするとよく理解できるだろう。

『星から来たあなた』『愛の不時着』を手掛けたパク・ジウンが脚本を書き、『不可殺』のチャン・ヨンウと『ヴィンチェンツォ』『シスターズ』などで知られるキム・ヒウォンが演出を担当したこのヒット作は、物語の展開や演技の素晴らしさとともにOSTの充実ぶりも注目を集めた。

同OSTに参加したのはたくさんのヒットソングをもつアーティストばかり。それぞれがドラマの世界に寄り添った歌声を響かせるが、特に注目したいのはバックのサウンドである。陽気なダンスミュージックが得意なBSS(ブソクスン/人気ボーイズグループ・SEVENTEENのメンバー3人によるスペシャルユニット)は、ここでは穏やかなトーンのラブソングを歌い、R&B系のCrushやアコースティックポップの代表格・10cmなども自身のいつもの作風とは若干異なるバラードを披露する。


『涙の女王』よりBSSの「The Reasons of My Smiles(자꾸만 웃게 돼)」フルバージョン SUPER SOUND Bugs! / YouTube

プロフィール

まつもとたくお

音楽ライター。ニックネームはK-POP番長。2000年に執筆活動を始め、数々の専門誌・ウェブメディアに寄稿。2012年にはK-POP専門レーベル〈バンチョーレコード〉を立ち上げ、イ・ハンチョルやソヒといった実力派を紹介した。現在は『韓流ぴあ』『ジャズ批評』『ハングルッ! ナビ』などで連載。LOVE FMLuckyFM楽天ポッドキャストの番組に出演中。著書は『K-POPはいつも壁をのりこえてきたし、名曲がわたしたちに力をくれた』(イースト・プレス)ほか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏顧問がウクライナ戦争終結計画、良い反応得

ビジネス

基調的インフレ指標、5月はまちまち 刈込平均は2%

ビジネス

英製造業受注指数、6月は3カ月ぶり高水準 輸出受注

ビジネス

米新興EVリビアン、生産工程を簡素化 コスト削減で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story