コラム

中国紙「史上最強の人民軍を構築せよ」 ペロシ訪台は中国を怒らせただけなのか?

2022年08月03日(水)12時11分
ペロシ台湾訪問

台湾議会を訪問したペロシ米下院議長(8月3日) Ann Wang-Reuters

<ペロシ米下院議長の台湾訪問に中国は軍事演習で対抗し、台湾海峡は一気にヒートアップ。今回の訪問は、台湾の安全保障改善に貢献したのか>

[ロンドン発]アジア歴訪中のナンシー・ペロシ米下院議長(民主党)率いる米下院代表団は2日、米軍機で台北に到着し、「台湾の活力ある民主主義を支援するアメリカの揺るぎないコミットメントを称えるものだ」との声明を発表した。現職下院議長の訪台は1997年のニュート・ギングリッチ氏(共和党)以来25年ぶりで台湾海峡は一気にヒートアップした。

ペロシ氏は「台湾の指導者との話し合いはパートナーに対する私たちの支持を再確認し、自由で開かれたインド太平洋地域の推進を含む私たちの共通の利益を促すことに焦点を当てる。 世界が独裁か民主かの選択に直面している今日、2300万人の台湾の人々とのアメリカの連帯はこれまで以上に重要だ」と訪台の理由を述べた。

3日に台湾の蔡英文総統と会談する予定だ。空港には報道陣と群衆が詰めかけ、ペロシ氏の訪台を歓迎する声に包まれた。

アメリカが「中国はただ一つであり、台湾は中国の一部分であると主張していることを認識」した米中共同声明(1972年)、台湾に兵器を供与する一方、台湾防衛のための軍事行動を選択肢として残した台湾関係法(79年)、アメリカは台湾を支え続けることを再確認した「6つの保証」(82年)と何の矛盾もないとペロシ氏は強調した。

ペロシ氏やグレゴリー・ミークス外交委員会委員長、マーク・タカノ退役軍人委員会委員長、スーザン・デルベネー歳入委員会副委員長ら下院代表団の6人はいずれも民主党所属。1日からシンガポール、マレーシア、韓国、日本を歴訪し、インド太平洋における相互の安全保障や経済連携、民主的ガバナンスについて協議する。

約30年前、天安門広場で横断幕を掲げた人権派議長

米紙ワシントン・ポストへの寄稿でペロシ氏は「約30年前、私は超党派下院代表団の一員として中国を訪れた。天安門広場で『中国の民主化のために命を落とした人々に捧げる』と書かれた横断幕を掲げた。広場を去る時、制服の警官に追いかけられた。それ以来、北京のひどい人権侵害と法の支配無視は続き、習近平国家主席は権力への支配を強めている」と指摘する。

習氏の時代になって、中国共産党は香港やチベット、新疆ウイグル両自治区で強権支配を強めている。

これについて人権派のペロシ氏は「香港の政治的自由と人権に対する中国共産党の残忍な弾圧はカトリック香港教区名誉司教の陳日君(ジョセフ・ゼン)枢機卿さえ逮捕し、『一国二制度』の約束をゴミ箱に放り込んだ。チベット人の言語、文化、宗教、アイデンティティーを抹殺するキャンペーンを主導し、新疆ウイグル自治区では少数民族に対するジェノサイド(絶滅計画)を進めている」と痛烈に批判した。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ経済の対中依存、急激に高まる=報告書

ワールド

ザポロジエ原発、ロシアが送電網からの切り離し計画=

ビジネス

英小売売上高、7月は予想上回る前月比+0.3% オ

ビジネス

英7月財政赤字、予想上回る49.4億ポンド 次期首

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中