コラム

『ボラット』の監督が作った9.11のコメディー『オレの獲物はビンラディン』

2017年12月16日(土)15時28分

ハリウッド映画のアラブ人・ムスリム差別

とはいえ、もともとハリウッド映画は、中東、とくにアラブ人やイラン人、そしてムスリム(イスラーム教徒)に対して差別的なあつかいをする傾向があり、つねづね批判の対象にもなってきた。

たとえば、そのもっとも質の悪い作品としてしばしば俎上に載せられるのが、アーノルド・シュワルツェネッガー主演・ジェームズ・キャメロン監督の『トゥルーライズ』(1994年)である。シュワルツェネッガーは米国の対テロ工作員で、「真紅のジハード」というパレスチナ人テロ組織と戦い、いろいろドタバタあったすえに勝利するという、ある意味シュワルツェネッガーらしいコメディー作品である。もっとも、今やすっかり大監督となったキャメロンからみると、ほとんど黒歴史かもしれないが。

この映画は公開当初から、女性蔑視との批判を浴びていたし、登場するアラブ人やイスラーム教徒は大半が間抜けなテロリストとして描かれており、米国内でもムスリムを中心に上映反対運動が起きたほどであった。これは極端な例としても、ハリウッド映画で描かれるアラブ人やムスリム像は、多かれ少なかれ偏見や意図的な差別に晒されている。

ルドルフ・バレンチノが一躍スターダムにのし上がった1921年公開の『シーク』では、野蛮で好色なアラブ人とハーレム、女奴隷といったその後の欧米の通俗的な映画や文学作品に登場するアラブ人像の原型ができた。このイメージは現代のハーレクイン小説や日本のBLものにも通底するといえる。

その後もアラブ人像は各時代の政治情勢に対応したかたちで変化してはいるが、ジョージ・クルーニー主演の『スリー・キングス』(1999年)などを数少ない例外として、通俗的なステレオタイプを打破できた作品は少ない。

『オレの獲物はビンラディン』が通俗的なステレオタイプに悪乗りしようとしたのか、それともそのステレオタイプを皮肉ろうとしたのかは、正直わからなかった。いずれにしても、約3000人の犠牲者を出した9.11事件に関わる映画の多くが、『ゼロ・ダーク・サーティ』にしても、またスティーブン・スピルバーグの『ミュンヘン』(2005年)にしても重苦しい作品であったのを思うと、ようやくハリウッドのメインストリームでも9.11でコメディーが作れるようになったということであろうか。

『ミュンヘン』はもちろん、ミュンヘン・オリンピックでのパレスチナ・ゲリラによるイスラエル選手団襲撃事件を描いたもので、9.11事件とは直接関係ないが、映画の最後の場面に世界貿易センターのツインタワーが象徴的に登場する。ちなみに、ユダヤ系のスピルバーグは、この映画をパレスチナ人の視点で描いていると親アラブ派から評価されたり、親イスラエル派から批判されたりしている。

なお、ハリウッド映画におけるアラブ人の描かれかたを分析した研究にジャック・シャーヒーンの『Reel Bad Arabs』とその続編ともいうべき『Guilty: Hollywood's Verdict on Arabs After 9/11』がある。シャーヒーンはレバノン系アメリカ人で、実はわたしがもっとも影響を受けた研究者の一人でもあったが、今年7月、惜しくも世を去った。彼が『オレの獲物はビンラディン』を見たら、どう評価したであろうか。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

保坂修司

日本エネルギー経済研究所研究理事。
慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

ニュース速報

ワールド

セッションズ米司法長官、ロシア介入疑惑で特別検査官

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 4

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!