ニュース速報

ビジネス

米FRB議長、金利緩やかに上昇との考え変えず 海外情勢注視

2016年02月12日(金)08時59分

2月11日、米連邦準備理事会(FRB)議長は上院銀行委員会で行った証言で、米雇用創出の持続や賃金上昇、家計支出の景気下支え効果が見通せるとの考えを強調した。写真は同日、上院銀行委で証言するイエレン議長(2016年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 11日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は11日、上院銀行委員会で証言を行った証言で、FRBの金利の道筋はあらかじめ決められていないとあらためて強調しながらも、労働市場が力強さを増すなど米経済に明るさが増していることから、米金利は年内に緩やかに上昇していくとの考えを変えていないとの見解を示した。

投資家が安全資産に殺到するなか、世界経済の鈍化と株価下落により、金融の状況がFRBの想定以上に引き締まっている、と認めた。

イエレン議長は前日に行った下院金融委員会での証言に続き、この日の証言でも、海外情勢による米経済への影響の度合いについて早まった結論を出すことに警戒感を表明。

「われわれは動向を注視している」とし、「どの年も常にリセッション(景気後退)入りの可能性はいくらか存在するが、景気拡大が長期化すると失速すると考える根拠はない」と述べた。

ただ、この日は米10年債利回りが約3年ぶりの水準に低下したほか、アジア、欧州、米国で株価が下落するなど、下院金融委員会で証言を行った前日とは状況が異なるなかでの証言となった。

こうしたなかイエレン議長は、金融市場で見られる懸念や、原油価格の下落が米インフレ率の重しになっているとの懸念に同意を示し、「これらの要因は、リスクバランスや経済の道筋、適切な政策スタンスにも影響を及ぼすだろう」と指摘。「ただ、現時点で判断するのは時期尚早だ」と語った。

FRBは昨年12月に約10年ぶりとなる利上げに踏み切った。同時に発表した経済見通しでは、2016年に4回利上げする姿勢を示唆した。ただ投資家は今や、FRBの見通しに疑問を投げかけている。

CMEフェドウォッチによると、年内利上げ確率は8.0%。この日のフェデラルファンド(FF)金利先物市場は一時、年内の利下げ可能性を織り込む場面すらあった。ただイエレン議長は、利下げは排除できないが「可能性の高いシナリオではない」とあらためて強調した。

ウェドブッシュ・エクイティ・マネジメントのマソッカ最高投資責任者(CIO)は「議長はわなにはまったようなものだ」とし「私は年内の利上げはないと見ている。利上げは一度で終わりだ」と述べた。

<マイナス金利を検証>

イエレン議長は米金利は緩やかに上昇していくとの考えをあらためて示したものの、日銀などが導入したマイナス金利について、FRBでも検証を行っていることを明らかにした。

ただ、FRBはまだ評価を終えていないとし「可能性は排除しないが、機能するかどうか判断するにはやるべきことがある」とした。

議長は力強い雇用創出、賃金上昇、底堅い消費支出が米経済の浮揚要因となるとの基調路線は維持。ただ、国内外の金融市場の状況次第でFRBの経済見通しが覆される可能性もあると指摘。追加利上げの可能性はFRBが海外情勢にどの程度反応するかにかかっているとの認識を示した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

タカタ再建計画、被害者より自動車メーカー優遇=米被

ビジネス

中国版ベージュブック、第2四半期は景気回復続く

ビジネス

アングル:新たな信用危機に見舞われる中国の中小企業

ビジネス

焦点:米自動車業界、すでに現れた「後退」の兆し

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!