最新記事

医療社会

ビッグデータは現場の使命感と正確な取り扱いから生まれる。AIや最新技術はそこから始まる。

PR

2019年10月3日(木)11時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ広告制作チーム

正確なデータのインプットがあって新しい技術が使える

142A0793_b.jpg

「自然災害も多い中、全国の患者さんへ持続的に正確な医薬品を供給することに貢献していきたい」と語る岩瀬氏。

ただし、エンサイスの経営陣は決して現状に満足しているわけではない。高い理念を共有し、広い視野で今後の事業展開に向けた準備を進めている。

「患者さんや医療従事者に適切な医薬品を届けるためにデータで支援するという立場にいますが、単なる"データ会社"ではなく、ソリューションをどうやって提供するのかに課題があり、チャンスもあると思います。エンサイスには、網羅性があり、リアルタイムで正確なビッグデータがあります。いくら素晴らしいAIなどの新技術があっても、これらの素質が備わったビッグデータのインプットがなければ誤った答えを導く可能性があります。そのような点でエンサイスは、他にはないフロントラインにいるといえ、正確なデータを新技術と組み合わせ、医薬品産業の様々な意思決定や次のアクションを支援するソリューションの提供に取り組んでいます」。

最後にビッグデータやAIという言葉が注目される中、データ企業の組織づくりとして、エンサイスがどのような人材を求めているのかを岩瀬氏にうかがった。

「今の時代、なかなか終身雇用ということは難しく、働き方改革の流れもあるので、エンサイスにずっといることが必ずしもいいこととは思っていません。大いに学んで起業したり、他社で社会を前進させる取り組みをするくらいの気概を持ってやっていけるような人が望ましいですね。新しい事業をやりたいといったアイデアも歓迎ですが、そういった人には是非そのアイデアを率先して具現化していくという行動力を期待します。むしろそういった方向にエンサイスもその社員も動いていかないと、世の中全体の流れに追いついていけないでしょう。長い歴史で培った繋がりを持つ医薬品卸が出資してできたエンサイスは、そうした確かな基盤を持ちつつ、新しいことにチャレンジできる環境ですし、そのように自ら挑戦する人材を育てていける企業でありたいと思っています」。

◇ ◇ ◇

日本全国の医薬品の動きを網羅し、分析して提供するエンサイスは、ビッグデータ時代を先取りした存在だ。医薬品産業が正確かつ効率的に医薬品を患者へ届けることを支援するエンサイスのデータは、医薬品流通にとっての潤滑剤と言うこともできるだろう。

医療社会の変化に適応すべく、データソリューションの向上と事業の拡充を志向するエンサイス。自らチャレンジする人材を確保し、社会に貢献する企業としてさらなる発展を実現してくれることを大いに期待したい。

Tex:高森郁哉
Photo:遠藤宏

◯エンサイス株式会社
HPはこちら

ニュース速報

ビジネス

米住宅着工件数、10月3.8%増 許可件数12年5

ワールド

ロシア、協調減産拡大に反対 現行維持は賛同=関係筋

ビジネス

足元の金利は適切、物価目標の持続的達成は間近=NY

ワールド

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ