最新記事

英王室

【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

Meghan Markle, Kate Middleton and Princess Diana's Top U.S. Fashion Moments

2022年12月03日(土)14時20分
ジェームズ・クロフォード・スミス
ウィリアム皇太子, キャサリン妃

Katherine Taylor-REUTERS

<8年ぶりのウィリアム皇太子夫妻の訪米で注目されるのは、やはりキャサリン妃のファッション。イギリス王室の3人のプリンセスのファッションで王室外交をひも解く>

11月30日、8年ぶりの訪米となった、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃。アメリカはイギリス王室メンバーにとっても縁が深く、公務でもプライベートでもよく訪れている場所だ。その際に必ず注目されるのが、プリンセスたちのファッションである。

12月2日にボストンで開催された「アースショット賞」の授賞式では、ネオグリーンのオフショルダーの鮮やかなドレスで登場したキャサリン妃。2013年設立のイギリスの「ソレイスロンドン(Solace London)」によるデザインだった。

大胆なシカゴのダイアナ妃から堂々としているニューヨークのメーガン妃まで、本誌が選ぶ、英王室のプリンセスのファッションスタイルとは?

ダイアナ妃

ダイアナ妃は公務だけでなく、プライベートで2人の息子のウィリアム王子とヘンリー王子と何度も米国を訪れている。90年代初めにチャールズ皇太子(当時)との結婚生活が破綻すると、ニューヨークとワシントンに足しげく通うようになった。ファッションスタイルも「おとなしい王室のプリンセス」から、現代的でパワーに溢れた21世紀の女性を予感させるものへと変わっていった。

■1985年11月、ホワイトハウスの「ダンシング・クイーン」

中でも今でもダイアナ妃を想起させるファッションは、1985年にホワイトハウスを訪れた際にジョン・トラボルタと踊るために着用した、深い青色のベルベットのイブニング・ガウンであろう。

イギリスのクチュリエであるビクター・エデルスタインによってダイアナ妃のためにデザインされたドレスは、80年代当時に流行っていた過度でぎらぎらしたファッションとは一線を画す、かなりシンプルなデザインだったことも話題となった。

1997年、ダイアナ妃は「トラボルタ・ドレス」として広く知られるようになったこのドレスをオークションに出品して22万2500ドルで売却し、チャリティー資金に変えた。その後、2019年にケンジントン宮殿を運営する慈善団体「ヒストリック・ロイヤル ・パレス」に32万5317ドルで再び売却されて、現在は宮殿に展示されている。

RTR4SM0-20221203.jpg

REUTERS

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 2

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの