最新記事

モデル

デップの娘、「親の七光り」と言われる苦悩を語るも「一般人の苦労わかってない」と批判の嵐

Lily-Rose Depp 'Nepo Baby' Talk Gets Fan Blowback for Being 'Out of Touch'

2022年11月20日(日)19時55分
エマ・メイヤー
リリー=ローズ・デップ

リリー=ローズ・デップ(2017年5月) Eric Gaillard-Reuters

<モデルや女優として活動するリリー=ローズ・デップが、「自分の実力ではなく家族のことばかり注目される」ことへの不満を語ったが......>

俳優のジョニー・デップとモデルのヴァネッサ・パラディの娘であるリリー=ローズ・デップ(23)が、有名人の子どもであるおかげで様々な恩恵を受けることができる「ネポベイビー」と呼ばれることに反論する発言をし、インターネット上で反感を買っている。

■【写真】モデルとして活躍するリリー=ローズ・デップ、セクシーなボディスーツ姿を披露

「ネポ」とは「ネポティズム」の略で、メリアム・ウェブスター辞典の定義によると、「親族関係に基づいて(職への任命などで)優遇すること」を意味する。

ハリウッドスターを親に持つ多くの有名人は、以前からネポティズムで非難されてきた。アイルランド・ボールドウィン(アレック・ボールドウィンとキム・ベイシンガーの娘)、ケンダル・ジェンナー(ケイトリン・ジェンナーとクリス・ジェンナーの娘)、リリー・コリンズ(フィル・コリンズの娘)など、多くの「2世セレブ」が特権階級に生まれたがゆえの困難について告白している。

モデル兼俳優として活動するリリー=ローズは、16日に公開されたエル誌のインタビューで、幼少期から世間の注目を浴びることについて語った。

「インターネットは、(映画などの)役を割り当てた人よりも家族のことばかりに注目する。足掛かりは得るかもしれないが、それだけ。その後には、やるべきことがたくさんある」とリリー=ローズは話している。

「人に対して、家系的な理由だけでそこにたどり着いたと決めつけるのはおかしいと思う。ナンセンスだ。医者の母親や父親を持つ人が医者になったとして、『親が医者だから医者になれた』とは言わない。『医学部に行き、研修を受けたからだ』と返される」

「一般人の苦労を知らない」に共感の嵐

リリー=ローズのこの発言が、ネット上で反発を招いている。

「これが特権階級に生まれた金持ちの問題だ。一般人は持って生まれたリソースや機会を得るのにどんな苦労をするか、彼らは何もわかっていない」と、あるユーザーがコメントすると、「いいね」が4万6000件以上集まった。

「なぜネポベイビーはいつも自分の特権を否定するのか。あなたのお金とステータスがキャリアに貢献したのは、悪いことじゃない」と別のユーザーはコメントした。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

カナダ、凍結ロシア資産の没収で米国と「完全に合意」

ワールド

イスラエル、パレスチナ自治政府への税収送金を再開=

ビジネス

S&P年末目標5300に引き上げ、ビッグテックの収

ワールド

米英独など、ウクライナへの派兵案を否定
今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 2

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 4

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 5

    「戦うバービー」ではないドラマ『ブラザーズ・サン…

  • 1

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 2

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 3

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 4

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 5

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 1

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 2

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 3

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 4

    イギリス経済にも大貢献...キャサリン妃の「世界的指…

  • 5

    なぜ女性の「ボディヘア」はいまだタブーなのか?...…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が愛した小澤征爾

特集:世界が愛した小澤征爾

2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの