注目のキーワード

最新記事

ドラマ

「繊細だが勇敢なモサドの女性諜報員」、世界が注目するニブ・スルタンに聞く

Playing a Mossad Agent

2022年05月27日(金)11時29分
H・アラン・スコット(ライター、コメディアン)

モサド諜報員の役は「本当に素敵な贈り物」だったと、スルタンは言う OR DANON

<世界で高い評価を受けたスパイドラマ『テヘラン』シーズン2の見どころを、女性諜報員役で主演したニブ・スルタンに聞く>

スパイスリラーはテレビドラマでは人気のジャンル。けれどもイスラエルの情報機関モサドの女性諜報員の物語は、ほとんど例がないはずだ。

その珍しいドラマとは、イスラエル製作の『テヘラン』(シーズン2が5月6日からアップルTV+で配信中)。イスラエル出身のニブ・スルタンが演じるタマル・ラビニアンは、イラン生まれのモサド諜報員にしてハッカー。彼女の任務は、イラン核施設の爆破に向けてお膳立てをすることだ。「オーディションで台本を大声で読んだとき、この役は絶対にやりたいと思った。本当に素敵な贈り物」と、スルタンは言う。

タマルについてスルタンは、ありがちな諜報員のキャラクターではないとも感じていた。「彼女の内面はとても複雑。普通のモサド諜報員とは思えない。繊細で、けれども自分の意見を持っていて、おまけに大胆」

シーズン1の撮影中は、ドラマが成功するとは思いもしなかった。「気に入ってもらえるかどうか、見当もつかなかった」と、スルタンは言う。作品が国際的に高い評価を得たことは「俳優にとって最高のご褒美」と語る彼女に、本誌H・アラン・スコットが話を聞いた。

◇ ◇ ◇

――ドラマが国際的に注目を集めて、どう感じた?

反響の大きさを理解するまで、少し時間がかかった。シーズン2にグレン(・クローズ)が参加すると知らされて、初めて分かったくらい。「待って、本当?」って感じ。だって、あのグレンよ!

――そのグレン・クローズと仕事をした感想は?

偉大な俳優が偉大である理由が分かった。もちろん才能はすごいけど、それに加えて大変な努力をしている。見ていて本当に素敵。完璧なプロフェッショナルなのに、楽しそうなんだもの。

――シーズン2の見どころを。

ハラハラの度合いが増して、アクションの迫力がぐんとアップした。展開もとんでもなく速い。

そしてタマルは、たくさんのピンチを乗り越える。シーズン1の彼女は任務は単純なもので、いろいろうまくいかなかった。でも今シーズンは、もっと積極的。極秘の諜報活動に深く関わっているから。

――モサドが題材のドラマで女性の主役は珍しい。その点はあなたも注目している?

女性のハッカーが登場するテレビドラマは今までなかったんじゃないかな。彼女は知的だけれど繊細で、恐怖心はあるけれど勇敢。自分の能力をうまく引き出せる女性なんだと思う。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売