最新記事

SNS映えが人気の秘訣? 欧米でブラックフードにラブコール

2020年08月27日(木)19時20分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

ブラックフード・フェスティバルを主催するフードブロガー、レギーナ・ボロスさん  Photo:Black Food Festival

<海苔、ごま、お米、キャビア...... 世界にはおいしい黒い食べ物があふれてる!>

世界に広がる「ブラックフード・フェスティバル」

欧米で、黒い色の食べ物や飲み物の人気が高まっている。今月末にハンガリーのブダペストで開催される「ブラックフード・フェスティバル」という新しい食のイベントはその一例だ。

このフェスティバルの目的は、文字通り、黒い色の食べ物や飲み物を味わうこと。ブラックベリー、ブラックオリーブ、バルサミコ酢、海苔などの黒い食材も、活性炭(食炭)やイカ墨で黒く色づけした食べ物も、とにかく黒いものが目白押し。加えて、黒い衣類やアクセサリーや小物も販売している。ドレスコードも黒が基本だ。

イベントを発案したのは、同市出身のフードブロガー、レギーナ・ボロスさんだ。2018年11月、同市で初めて開催した。これが成功を収め、翌月にはドイツ・ベルリンでも開催、2019年は一挙に8か国(イスラエル、フィンランド、アメリカ、トルコ、イギリス、ケニア、ルワンダ、エストニア)に拡大した。エストニアではエージェントのサポートもあり4千人が訪れて大盛況だった。エージェントなしでも、フィンランドなどでは1500人が集まった。

ボロスさんに聞いたところ、今年も新しい国々で開催予定だったが、新型コロナウィルスの影響で断念したそうだ。「日本でもぜひ開催したいと考えています。ジェトロ(日本貿易振興機構)・ブダペスト事務所の協力を得て日本でパートナーを探しました。いまのところ、東京で計画中です」(ボロスさん)。

欧米では黒い色のお菓子は珍しくないが、黒い色の料理を味わうことはあまりない。イカ墨パスタでさえ、筆者が欧州を回る限りでは、それほど一般的な料理ではない。

黒く色づけした食べ物は、2016~17年あたりに急激に増えたようだ。英大衆紙のデイリー・メールは、2016年に黒く色づけした食べ物・飲み物が新しいトレンドだと報じた。

ここに掲載されたニューヨークの人気アイスクリーム店、モーゲンスターンズ・ファイネスト・アイスクリームの活性炭で黒くしたアイスクリームは確かに日本を含めて各地で話題になっていた(注)。ボロスさんも「注目が高まり出したのは、黒いアイスクリームからと言っていいでしょうね」と話す。

また米フォーブス誌では、2017年のアメリカの食のトレンド・トップ10として活性炭を使った黒い色の食べ物を挙げていた。

日本で活性炭を使って食べ物を黒くすることが評判になってアメリカでも真似するようになり、その後、このスタイルがヨーロッパでも注目されるようになったと明言しているマスコミもある。

トレンドのきっかけを作ったのはやはり日本で、おそらく日本の黒いハンバーガーではないか。2014年秋に日本のバーガーキングで販売した、チーズまで黒い黒バーガーは大きなインパクトを与えたように思う。タイムロサンゼルス・タイムズビジネスインサイダーなど様々な欧米メディアがこの黒バーガーを取り上げていた。


(注)モーゲンスターンズ・ファイネスト・アイスクリームでは、ニューヨーク市が活性炭で黒く色づけした飲食品を禁止したため、現在、黒いアイスクリームは販売していない。それを残念に思いTシャツを販売中

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    息子の嫁を買うために母は娘を売る──児童婚犠牲者の…

  • 1

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    1Dはグループとしてシングル1位になれなかったのに..…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 4

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!