最新記事

ライフスタイル

お値段439億ドルの夢の物件 「ニューヨーク・アパートメント」とは?

Apartment for Sale

2020年04月24日(金)16時40分
ニューズウィーク日本版編集部

6万部屋以上のベッドルームと5万以上のバスルームが SAM LAVIGNE AND TEGA BRAIN, NEW YORK APARTMENT, 2020. SCREENSHOT

<NYに実在する不動産情報を統合した「夢のアパート」の広告サイトが話題に>

新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために美術館や劇場などの閉鎖が続くアメリカで、あるアートプロジェクトが注目を集めている。ホイットニー美術館のオンライン展示に登場した「ニューヨーク・アパートメント」だ。

アーティストのサム・ラビーンとテガ・ブレインが制作したのは、アパートの広告サイト。ニューヨークに実在する膨大な数の不動産リストを合わせて、ニューヨーク市の全5区にまたがる超巨大な架空のアパート1棟の広告を作った。部屋数や設備も表示し、大量の写真やフロアプランの3Dバーチャルツアーも提供。アパートのお値段は439億ドルだ。当初はコロナ禍の下での隔離生活を想定したプロジェクトではなかったが、架空の豪華アパート企画は現状にぴたりとはまった。

スレート誌のラチェル・ハンプトンが2人に話を聞いた。


――作品の着想はどこから?

ブレイン 引っ越しが必要になってアパートを探していた。ニューヨーカーなら毎年のようにやることさ。手伝ってくれたサムと一緒に、かなりの時間を費やして本物の不動産サイトでニューヨークの物件を当たった。

ラビーン 各不動産情報そのものが貴重な商品であり、業者は専用データへの一般人のアクセスをできるだけ難しくしようとする。そこに興味を引かれた。もちろんテガの物件探しも手伝ったけど、全不動産データをダウンロードし、好みの条件に応じて仕分けできたらいいのに、と思ったのがきっかけだ。

――物件探しという現実的な作業がアートになりそうだと気付いたのはいつ?

ラビーン 住宅が商品であることは誰でも知っているが、プロジェクトは商品化の詳細や販売手段にまで光を当てる。私たちがひたすら考えたのは、「人権」としての住宅だ。

――新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で、自らのプロジェクトに対する考え方は変わった?

ラビーン まず、このプロジェクトで際立つのはニューヨークの格差。売り家がテーマだけど、実際には多くの人はニューヨークで家を買うことなんてできない。

ブレイン だが手が届かないほど、人はこうした不動産サイトに夢中になる。

ラビーン そのとおり。幸運にも手が届く人だとしても、希望の家を買うのはほぼ不可能で、ひどく狭い家にするしかない。ニューヨークでは、靴箱ほどの家でも買えるだけでラッキー。一方で、必要もないような広大な家を手に入れられる人もいる。

そして今はパンデミックによって、いつにもまして多くのホームレスが住宅を必要としている。病院の施設や病床にもより多くの部屋が必要になる。この街には膨大な数の空き部屋があると思うが。

ブレイン 住宅が商品になると投資対象になり、そうなると実際のニーズとは結び付かなくなる。僕らはこのプロジェクトを通じて、空きアパートや空き部屋を特定し、問題を訴えようと考えている。

――数々の不動産情報を見た中で最も奇妙だったのは?

ラビーン 1つ気付いたのは「戦前」という言葉。物件の建築時期で「戦前」という言い回しを何度も目にした。そんな詩的な言葉が使われているなんて驚いた。

ブレイン 僕は、ベッドもぐちゃぐちゃなままに部屋を撮影した物件写真を集めている。

ラビーン そういう適当な物件写真を撮る人々に共感するし、連帯感を覚えるよ。


© 2020, Slate

20200428issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月28日号(4月21日発売)は「日本に迫る医療崩壊」特集。コロナ禍の欧州で起きた医療システムの崩壊を、感染者数の急増する日本が避ける方法は? ほか「ポスト・コロナの世界経済はこうなる」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

[2020年4月21日号掲載]

ニュース速報

ワールド

トランプ氏服用の抗マラリア薬、全米で使用急減 リス

ワールド

仏ルーブル美術館、7月6日に再開へ マスク着用など

ビジネス

FRB議長、コロナ対応の継続強調 「種々の政策手段

ビジネス

米個人消費、4月は前月比13.6%減 過去最大の落

RANKING

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    加工した自撮り写真のように整形したい......インス…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!