最新記事

オリンピック

選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当に、すぐになくなりました」

2020年02月12日(水)18時20分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

コンドーム1200個が配布されたのは、サン・モリッツ・ユースホステルだった。ユースホステルの広報担当によると、「本当に、すぐになくなりました。でも、全部が大会中に使われたとは思いません。お土産にした人もいるでしょう」とのこと(以上、スイスのフリーペーバー20Minutenの記事より)。ローザンヌのThe Vortexでも配布があったかどうかは不明だが、宿泊者はこちらのほうが多かったから、配布されていたとしても何ら不思議はない。

200212-nww-c-001.jpg

ローザンヌにあるオリンピック博物館の様子 Photo:Satomi Iwasawa

筆者は、五輪開催中の選手たちの様子を取材したことはないが、やはり熱気は相当高まるだろう。性病を予防するのは大切だ。一方で、選手村でのコンドーム配布が本当に必要なのか、少なくとも大人の選手には不要で、自己責任で用意すればいいのではと個人的には思う。

だが、オリンピック精神には、世界中から集まった選手たちが選手村で交流を深めることも含まれている。「選手村で、健全な精神と肉体で友好を育むことにコンドームが一役買う」ならば、配布は五輪の新しい伝統として続いていくのだろう。

【参考記事】東京五輪に向け活気付く「ラブ」業界 知られざる日本の魅力アピール


s-iwasawa01.jpg[執筆者]
岩澤里美
スイス在住ジャーナリスト。上智大学で修士号取得(教育学)後、教育・心理系雑誌の編集に携わる。イギリスの大学院博士課程留学を経て2001年よりチューリヒ(ドイツ語圏)へ。共同通信の通信員として従事したのち、フリーランスで執筆を開始。スイスを中心にヨーロッパ各地での取材も続けている。得意分野は社会現象、ユニークな新ビジネス、文化で、執筆多数。数々のニュース系サイトほか、JAL国際線ファーストクラス機内誌『AGORA』、季刊『環境ビジネス』など雑誌にも寄稿。東京都認定のNPO 法人「在外ジャーナリスト協会(Global Press)」理事として、世界に住む日本人フリーランスジャーナリスト・ライターを支援している。www.satomi-iwasawa.com


20200218issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年2月18日号(2月12日発売)は「新型肺炎:どこまで広がるのか」特集。「起きるべくして起きた」被害拡大を防ぐための「処方箋」は? 悲劇を繰り返す中国共産党、厳戒態勢下にある北京の現状、漢方・ワクチンという「対策」......総力レポート。

ニュース速報

ビジネス

米ギリアド、第3四半期売上高が予想上回る 通年見通

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者441

ワールド

米フィラデルフィア市が夜間外出禁止令、黒人射殺後の

ビジネス

トヨタ、リコール584万台に拡大 燃料ポンプ不具合

RANKING

  • 1

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 4

    社会で必要なのに日本人家庭で教えないスキル

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!