最新記事

セレブ

夫の影響から解放され生まれ変わったセリーヌ様に乾杯!

Cheers to the Celinaissance

2019年12月11日(水)16時15分
カール・ウィルソン

Charles Platiau-REUTER

<歌姫セリーヌ・ディオンの新アルバム『カレッジ』はアーティストとしての大胆な挑戦に満ちた意欲作>

セリーヌ・ディオンの新アルバム『カレッジ』が発表された。ディオンにとって通算12枚目の英語歌唱アルバムだが、今回のアルバムには40年近いキャリアで初めてのことが2つある。

1つは、アルバム発表イべントをニューヨークの伝説的なドラァグバー「リップスNYC」で開いたこと。クィア(性的少数者)にも熱烈なファンが多いディオンは、店のドラァグクイーン(女装パフォーマー)たちと大はしゃぎ。カラオケで過去のヒット曲を披露するほどのご機嫌ぶりだったという。

2つ目は、アルバム収録曲で初めて悪態語を使っていること。「パーフェクト・グッドバイ」で、「ディス・シット・イズ・パーフェクト(これって完璧)」と歌っている。

これまでよりもEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)を大胆に取り入れていることも、新アルバムの特徴と言えるだろう。過去にもEDMの影響を感じられる曲はあったが、あくまで控えめに戯れる程度だった。だが今回は、EDMの大御所デービッド・ゲッタを迎えるなど本格的な関心を示している。

これら全てが、ディオンがアーティストとして生まれ変わったことを示している。かつて、伸びやかな声量を生かしてドラマチックなヒット曲を連発した彼女は、オぺラ歌手もどきのポップス歌手と揶揄されることも少なくなかった。だが、今年で51歳を迎えた彼女には、そんな声を気にする気配はない。

大胆な挑戦はファッションにも表れている。ファッション業界にとって年に1度の大パーティーであるMETガラに、ディオンは今年、ほぼ全身がシルバーのフリンジに包まれた衣装で登場。頭にはゴールドに脱色したクジャクの羽根のヘッドピースを着けて、ゴージャスな女王ぶりを印象付けた。

夫の影響から解放されて

実は筆者は12年前の著書で、ディオンをポップカルチャーにおける悪趣味の境地と位置付けた(より正確に言えば、大衆にとてつもなく愛される一方で、一部には徹底的に嫌悪されるアーティストが生まれる現象を分析した)。それだけにディオンの再生は、やや気まずい驚きだったことを認めなくてはならない。

ニュース速報

ワールド

ウルグアイのコロナ対応に高評価、ブラジルは最下位=

ワールド

ロシア、4日に憲改施行 全国投票の信任受け

ワールド

英イングランドの入国者隔離解除へ、日本など50カ国

ワールド

ロシア、コロナ禍で来年2月まで通常生活戻らず=保健

RANKING

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    脳裏にこびりつく生々しい証言 少女を食い物にした…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    今年は海やプールで泳いでもいいのか?──検証

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 5

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!