最新記事

ぺット

人気の穀物フリーのペットフードは「ほぼ無意味」どころか健康に悪い

2019年04月24日(水)17時55分
マット・ミラー

joshblake-iStock

<遺伝的要素がないはずのゴールデンレトリバーに拡張型心筋症の発症例が出たため獣医らが調べたところ......>

ペットを家族と考える人が増え、米ペット関連市場は拡大中。ペットフードへの支出は2007年の 160億ドルから2017年には290億ドルになり、「オーガニック」「天然原料」「穀物不使用」などと銘打つ製品が人気だ。

だが獣医によれば、穀物不使用フードはほぼ無意味。2016年にはタフツ大学が「犬や猫に穀物 を与えたら有害との証拠はない」と忠告している。穀物不使用がアレルギー対策になるとの考えも誤り。犬や猫の食物アレルギーはほとんどないし、あっても原因は動物性タンパク質だ。

無意味どころか、健康に悪い場合もある。米食品医薬品局(FDA)は昨年7月、穀物不使用ドッグフードが拡張型心筋症につながる可能性があると発表した。これはドーベルマンなどによくみられる遺伝性疾患だが、遺伝的素因がないはずのゴールデンレトリバーの発症例が出たため獣医らが調べたところ、穀物不使用フードを食べていることが分かったという。

dogfood01-479436384 (1).jpgmediaphotos-iStock

問題を最初に指摘したノースカロライナ州立大学のテリサ・ディフランチェスコ教授は、穀物不使用ペットフードは控えるよう忠告する。こうした製品が魅力的なのはまっとうな科学ではなく、巧みな販売戦略のおかげであることが多いと、飼い主は肝に銘じておくべきだ。

【参考記事】犬の「うんちを食べる行為」の謎、ついに終止符か
【参考記事】犬は人と「キスなんてしたくない」 動物心理の専門家が語る8つのヒント

©2019 The Slate Group

[2019年2月19日号掲載]

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

RANKING

  • 1

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 4

    犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 3

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 4

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 5

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!