最新記事

ぺット

人気の穀物フリーのペットフードは「ほぼ無意味」どころか健康に悪い

2019年04月24日(水)17時55分
マット・ミラー

joshblake-iStock

<遺伝的要素がないはずのゴールデンレトリバーに拡張型心筋症の発症例が出たため獣医らが調べたところ......>

ペットを家族と考える人が増え、米ペット関連市場は拡大中。ペットフードへの支出は2007年の 160億ドルから2017年には290億ドルになり、「オーガニック」「天然原料」「穀物不使用」などと銘打つ製品が人気だ。

だが獣医によれば、穀物不使用フードはほぼ無意味。2016年にはタフツ大学が「犬や猫に穀物 を与えたら有害との証拠はない」と忠告している。穀物不使用がアレルギー対策になるとの考えも誤り。犬や猫の食物アレルギーはほとんどないし、あっても原因は動物性タンパク質だ。

無意味どころか、健康に悪い場合もある。米食品医薬品局(FDA)は昨年7月、穀物不使用ドッグフードが拡張型心筋症につながる可能性があると発表した。これはドーベルマンなどによくみられる遺伝性疾患だが、遺伝的素因がないはずのゴールデンレトリバーの発症例が出たため獣医らが調べたところ、穀物不使用フードを食べていることが分かったという。

dogfood01-479436384 (1).jpgmediaphotos-iStock

問題を最初に指摘したノースカロライナ州立大学のテリサ・ディフランチェスコ教授は、穀物不使用ペットフードは控えるよう忠告する。こうした製品が魅力的なのはまっとうな科学ではなく、巧みな販売戦略のおかげであることが多いと、飼い主は肝に銘じておくべきだ。

【参考記事】犬の「うんちを食べる行為」の謎、ついに終止符か
【参考記事】犬は人と「キスなんてしたくない」 動物心理の専門家が語る8つのヒント

©2019 The Slate Group

[2019年2月19日号掲載]

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、中絶の権利法制化呼びかけ 上院規則改定

ビジネス

中国製造業PMI、6月は51.7に上昇 1年1カ月

ビジネス

景況感、非製造業が製造業を逆転 原材料高が重し=6

ワールド

中国の対ロ軍事支援見られず、商務省措置は通常対応=

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    英王室がサインをしない理由

  • 3

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 1

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 2

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 3

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 2

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 4

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 5

    英会話で「本当に英語が身につく」は不可能。だが昔…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売