最新記事

トレンド

「スローフード」のイタリアから、今度は「スマホデトックス」の波

2018年09月14日(金)17時40分
田中美貴(イタリア在住ライター)

スマホ片手に乾杯、は無粋? (写真はイメージ) ArtMarie-iStock

<「格好悪いから」との理由で広まるのか...イタリアのスマホデトックスムーブメントに注目>

調査会社ニールセンデジタルが発表した日本国内のスマートフォン利用状況によると、2018年3月の1人1日あたりのスマホ利用時間は3時間7分で、前年比17分増という。それでも日本は利用時間が短いほうで、市場調査会社カウンターポイントの2017年10月の調査では、世界のスマホユーザーの半数近くが1日5時間以上をスマホに使っているそうだ。

イタリアも状況は似たり寄ったりで、スマホ中毒はもはや社会問題になるほどだが、その一方で、スマホを持たない時間を持つことが新しいトレンドになり始めそうな動きがある。

これまでも、ファストフードに対して唱えられた「スローフード」をはじめ、急激なグローバリズムに対して、しばしば対抗ムーブメントが起こってきたイタリアらしいと言えるかもしれない。

象徴的なのが、伊コリエーレ・デラ・セラ紙に掲載された、ファッションデザイナーのステファノ・ガッバーナがインスタグラム上で「スマホデトックスのためインスタ一時休止」を発表したことだ。

イタリアブランドとしてはいち早くインフルエンサーやセレブを巻き込み、SNSを前面に押し出した宣伝活動のトレンドメーカー的存在だった「ドルチェ&ガッバーナ」だけに、今回の「スマホデトックス」が次なるトレンドになるのか注目されている。

すでにミラノでは、仕事が終わった後の夕方の習慣となっている「アペリティーボ」にもそのムーブメントが来ている。アペリティーボというのは、食事の前に軽食を食べながらお酒を楽しむことだが、ミラノ中のお洒落なバーがこぞっておこなっている「ハッピーアワー」的サービスのことを指す。

この度ミラノの人気バー約20軒が、9月12、19、26日を「スマホ禁止デー」と制定し、アペリティーボ中のスマホ使用を禁止(または制限)すると発表した。禁止デーはスマホを専用ボックスに入れることが義務付けられ、店の中では使用禁止だという。

また、国営放送局RAI(イタリア放送協会)のニュース24が、店の入り口でスマホを回収して詩集と交換し、食事中にはアプリではなく詩を楽しんでもらうというロマンチックなサービスを行うローマのレストランを紹介した。

レストラン関係者曰く「残念ながら食事中もスマホばかりを見て会話をしないカップルがたくさんいるのを見て」このアイデアが生まれた。「今までのところ特に問題は起きていません」とのこと。

滞在中にスマホを使わなければ料金割引のホテルも

ホテルでもスマホ不使用を推奨するところが出てきた。コリエーレ・デラ・セラの旅行版サイトであるドヴェは、スキーリゾート地としても有名なスイス国境近いリヴィーニョの数軒のホテルが、チェックインの際にスマホを預けてチェックアウトまで使わなければ、ホテル代を割引するというサービスを行っていることを紹介している。

スローフードの流行を作ったイタリアから、今度は、スマホに常にかじりついているのは格好悪い、プライベートの時間にはスマホを完全に切り離すのがお洒落...という「スマホデトックス」の波が広がっていくだろうか。

ニュース速報

ワールド

英国のラーブEU離脱担当相が辞任、メイ首相の離脱案

ワールド

焦点:米中の新冷戦、「ブレーキ役」担うマティス国防

ビジネス

中国発改委、自動車購入税減税を提案との報道否定

ビジネス

中国への海外直接投資、1─10月は前年比+3.3%

RANKING

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

  • 3

    キャンパスに寝袋、知り合いのソファを転々......学…

  • 4

    すでに流行拡大中! 知っておくべき、今年のインフル…

  • 5

    ウンチで糖尿病も癌も治療...赤ちゃんの癒やしパワー…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 3

    国連演説に人気番組出演! アメリカでBTS旋風が…

  • 4

    ウンチで糖尿病も癌も治療...赤ちゃんの癒やしパワー…

  • 5

    メーガン妃の必需品──プリンセス・ファッションの鍵…

  • 1

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 2

    世界一スキャンダラスな絵画、謎に包まれた「女性器…

  • 3

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 4

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!