最新記事

抗議運動

エミー賞の大注目作『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』が現実社会で抗議のシンボルに

2018年09月06日(木)17時20分
吉野潤子

女優もツイート!アイルランド、アルゼンチン、英国でも

米国人女優アリッサ・ミラノも8月19日、カバノー氏の最高裁判事指名に抗議するツイートを投稿。写真のミラノは、侍女のコスチュームを着用し「ネバー・カバノー、ネバー・ギレアド(注:ドラマに登場する架空の国家)」と書かれたボードを手に持っていた。

写真に添えられていたハッシュタグは、#RiseUpForRoe(ローのために立ち上がれ) #WeAreNotProperty(私たちは国の所有物じゃない) #StopKavanaugh(カバノー就任を阻止しろ)。ローとは、女性の中絶権を争った歴史的裁判"ロー対ウェイド事件"(1973年)の原告女性の仮名だ。この裁判では、女性の人口妊娠中絶を規制する国内法の大部分が違憲と判断された。

侍女たちの静かな抗議デモは、ドラマ製作国である米国を超えて、これまでにも世界中で展開されてきた。

8月3日の英ガーディアン紙によると、これまでにも英国、アイルランド、アルゼンチンなどの国々で真紅のローブを着た女性たちが集結。米国内では昨年夏から各地でこの集結が起こったが、複数の団体が協力した企画だそうだ。中絶権を始めとする女性の権利の抑圧に対し、いずれも無言の抗議を行ってきた。

普通の抗議デモでは、大声で主張を叫んだり、暴徒と化して警官と衝突する光景がよく見られる。しかし、声をあげることを禁止された作中の侍女に倣って、このデモ隊は不気味なほど静かだ。赤いローブが意味するメッセージについては今や理解している人が多いが、暴れている訳ではないので制止することはできないという訳だ。

原作者のアトウッドも、同紙の取材に対し「(体を露出するタイプの抗議デモと違って)彼女たちは、わいせつな服装をしているという理由で責められることはありません。なぜなら、体がすっぽり覆われている服装だから。しかし、抗議運動が開催されたのがアイルランドであれ、アルゼンチンであれアリゾナであれ、女性グループを見た誰もが、個々の抗議運動の背景にある意味を理解しているのです」と述べていた。

たとえば正視に耐えないような問題も、万人に伝わりやすくするのもエンタメの力なのかもしれない。

【参考記事】米最高裁人事の指名承認公聴会始まる、民主党の抗議などで混乱

RANKING

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 4

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 5

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

  • 3

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 4

    フランスで同時期に同地域で、腕や手のない赤ちゃん…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!