最新記事

女優

レディー・ガガも闘った──『スター誕生』主演の歌姫3人が乗り越えた過去の自分

2018年09月25日(火)15時00分
有元えり

容姿にコンプレックスを抱えていたバーブラ・ストライサンド

米エンターテインメント界に今も燦然と君臨するバーブラ・ストライサンドの場合は、自信にあふれる言動からは想像がつきにくいが、その素顔はコンプレックスの塊だという。

ニューヨーク・ブルックリンに生まれ育ったバーブラは、実父とは生後15か月で死別。母親の再婚相手とはそりが合わず、精神的な虐待が日常的にあったと言われている。

母親は、ショービジネスに憧れるバーブラに対し、容姿を理由にまともに取り合おうとしなかった。このことが、どんなに成功しようと自分の容姿にコンプレックスを持ち続けた大きな原因だともされている。

自分に自信が持てず、人前に立つことが苦手だったバーブラは、オーディションで審査員に背を向けて歌ったという逸話まで残っており、実は舞台恐怖症だった。ブロードウェイで成功しても、舞台に出る恐怖と常に戦い続け、コンサートも1993年に実現した全米ツアーまではかたくなに拒み続けていた。

それでも徐々に成功を重ねてスターとなるのだが、逆境を乗り越えた苦労人として知られただけにアメリカでの人気は凄まじく、現在でも最も成功した女性歌手として認識されている。

1976年の『スター誕生』では、主演と同時に製作総指揮も兼任。撮影当時、バーブラは33歳。実力と人気ともに勢いがあったといわれる時期だ。自己陶酔するほどの自我の強さがそこかしこに表れており、一貫して彼女の瑞々しいエネルギーが溢れる作品となった。

一方で、バーブラが作曲した映画の主題歌『スター誕生/愛のテーマ(原題はEvergreen)』が大ヒットし、アカデミー歌曲賞やグラミー賞最優秀楽曲賞など数々の賞を総なめにする。バーブラにとって、スーパースターとしての地位を不動のものにした作品でもあった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ニューヨーク市の下水にポリオウイルス、市内で拡散の

ビジネス

米、輸出規制強化 先端半導体やガスタービンエンジン

ワールド

作家ラシュディ氏襲われる、首刺されヘリコプターで搬

ビジネス

米インフレ2%回帰へ一段の利上げ必要、指標注視=リ

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 2

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 3

    「私は絶対にしたくないお願いをしている」──オレナ…

  • 4

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 5

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 1

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 2

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国…

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    「泣かされた」──マドンナが親友MJの生涯を描いたミ…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    メーガン妃のお気に入りブランド、アンバサダーは別…

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どう…

  • 4

    キャサリン妃が「姑」カミラ夫人の誕生日を祝い、雑…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売