最新記事

映画

新『ベスト・キッド』に合格点

A New Little Hero

W・スミスの息子主演で復活した80年代のヒット作はオリジナルのファンを裏切らない

2010年9月13日(月)14時37分
デーナ・スティーブンズ(脚本家)

印刷

 リメーク版の映画、特に名作のリメークに付きまとう疑問は、「なんでまた」だ。人はこの言葉を、時にはため息交じりにつぶやき(「ニコラス・ケイジの『ウィッカーマン』? なんでまた」)、時には天に向かって叫ぶ(「トム・クルーズとケイティ・ホームズの『ラストタンゴ・イン・パリ』? なんでまた!」)。

『ベスト・キッド』のリメーク版への「なんでまた」には、中くらいの怒りが籠もっているだろう。84年公開のオリジナル版では、ノリユキ・パット・モリタ演じる空手の達人がいじめられっ子のダニエル(ラルフ・マッチオ)を指導して、空手の大会で優勝させる。公開当時は、汗と涙のスポ根ものに見えたかもしれないが、いま振り返ってみると、とてもよくできた映画だ。人物のちょっとした特徴も丁寧に描き、少年の心に師匠への尊敬が芽生える過程をじっくり追っている。職人の技が冴える作品で、いま見ても新鮮だ。

 ということは、オリジナル版を支えた映画人魂を汚さないことが、リメーク版の第1の条件。この点では、リメーク版は十分過ぎるほどに成功している。

 クリストファー・マーフィーの脚本は、オリジナル版に非常に忠実だ。時にはせりふの一言一句までそのまま残している。マーフィーに加えて、監督のハラルド・ズワルトに拍手を送りたいのは、ドラマ中盤の、ともすれば中だるみになりがちな部分を重視した点だ。上映時間は2時間半近くと、オリジナルより少し延びたが、格闘場面を増やしたわけではなく、師弟の信頼関係が育まれる過程にたっぷり時間を取っている。

 派手な中国武術のスタントが繰り広げられ、骨が砕かれるような効果音(今どきの映画の暴力シーンには付き物だ)も入るため、格闘場面はオリジナル版より迫力がある。とはいえ、オリジナル版のファンが恐れるようなCGを多用した、ちゃちなカンフー映画にはなっていない。同級生をボコボコにするために修行を積む11歳の少年の物語としては、これ以上考えられないほど心温まるドラマだ。

年齢設定を変えた狙い

 オリジナルと大きく違うのは、まず主人公の年齢を下げたこと。オリジナル版の主人公ダニエルは15歳の高校生だったが、リメーク版のドレ・パーカーはまさに「キッド(がきんちょ)」だ。年齢設定を変えた理由は容易に分かる。今の15歳児は、84年当時よりもすれている。今の高校生はひ弱で純朴なダニエルに感情移入できないだろう。それに、主人公が11歳ならもっと幼い子供を連れた家族客が見に来ることも期待できる。

 もう1つ大きな違いは、物語の舞台だ。オリジナル版では主人公と母親はニュージャージーからロサンゼルスに移ってくる設定だったが、今回はドレと母親(タラジ・P・ヘンソンが辛辣なジョークで笑わせる)はデトロイトから北京へと移り住む。

 ドレは新しい環境に溶け込めない。友達はいないし、中国語はまるでダメ。しかも、カンフー少年チョンとその子分たちの執拗ないじめに遭う。唯一の救いは、かわいいバイオリンの天才少女メイ(ハン・ウェンウェン)の存在だ。

 ある日の放課後、ドレはチョンたちに囲まれる。あわやボコボコにされると思ったその瞬間、ドレの住むアパートの無口な管理人ハン(ジャッキー・チェン)が登場。少年たちにほとんど手を触れず、コミカルなカンフーでやっつける。

最新ニュース

ワールド

ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

2017.12.25

ビジネス

前場の日経平均は小反落、クリスマス休暇で動意薄

2017.12.25

ビジネス

正午のドルは113円前半、参加者少なく動意に乏しい

2017.12.25

ビジネス

中国、来年のM2伸び率目標を過去最低水準に設定へ=現地紙

2017.12.25

新着

ここまで来た AI医療

癌の早期発見で、医療AIが専門医に勝てる理由

2018.11.14
中東

それでも「アラブの春」は終わっていない

2018.11.14
日中関係

安倍首相、日中「三原則」発言のくい違いと中国側が公表した発言記録

2018.11.14
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2019.1.22号(1/16発売)

特集:遺伝子最前線

2019.1.22号(1/16発売)

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

科学 遺伝子編集は神の領域に挑む
■事例 技術の応用はもうここまで進んでいる
課題 デザイナーベビーは未知数だらけ
インタビュー クリスパー開発者に聞く真の目的
生命倫理 加速する技術革新、遅れるルール作り
研究 アフリカのゲノムが医学の未来を変える
ニュース ゲノム研究はここまで来た
生殖 同性DNAだけで子ネズミが誕生/動物実験 サルに病気を移植/自閉症 反復行動が抑制可能?/身体能力 人間の高い持久力は突然変異が生んだ/将来 人生はどれだけ遺伝で決まるのか/スポーツ五輪代表の選考にも/世論調査  出生前編集の許容度
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:静かな戦争

2017-12・26号(12/19発売)

電磁パルス攻撃、音響兵器、細菌感染モスキート......。日常生活に入り込み壊滅的ダメージを与える見えない新兵器

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース