最新記事

アート

その迫力は圧倒的! 世界最大級の油彩画が、北海道の新冠町にある理由とは?

PR

2018年6月27日(水)10時00分
写真・大河内禎 文・高瀬由紀子

「ディマシオ美術館」に展示されている、世界最大級の油絵。展示室は体育館を改装した

この絵画の大きさ、写真から想像できるだろうか? 絵の前に佇む人物との対比が、その超絶スケールを物語る。縦9m、横27mにも及び、単独の作家がキャンバスに描いた油絵としては世界最大級だ。作者は、現代の幻想絵画の鬼才と評される、ジェラール・ディマシオ。作家渾身の超大作が展示されている「太陽の森 ディマシオ美術館」は、競走馬の聖地として名高い北海道の新冠町にある。なぜ、北の大地に、巨大な幻想絵画を展示するミュージアムができたのか? 創設者に話を聞いた。

開拓者魂を受け継ぎ、アートで土地を開拓

太陽の森 ディマシオ美術館:美術館外観

美術館外観。建物の状態が良好だったため、屋根や外装は小学校時代のままだという

新千歳空港から車で約60分。緑の牧草地で馬がのんびり草を食む牧歌的な風景が広がる中、ひときわ目を引くオレンジ色の屋根の建物が見えてきた。開拓時代を思わせるレトロな建築が美しい、「太陽の森 ディマシオ美術館」である。

「ここはもともと、廃校となった地元の小学校校舎だったんです」と語るのは、美術館の設立者であり、理事長を務める谷本勲さん。美術館を巡るストーリーは、40数年前にディマシオと出会った頃に遡る。「それまで実業ひとすじで、アートにほとんど興味はなかったのですが、パリのギャラリーで彼の個展を見て、あまりの美しさに衝撃を受けました」。過去と未来、現実と夢とが交錯するようなディマシオの世界に、無限の想像力を喚起されたのだという。

理事長の谷本勲さん

理事長の谷本勲さん

コレクションはいつしか200点を超え、美術館を作って多くの人に見てもらいたいと思うようになった。作家自身も奮起し、1997年に完成した一世一代の作品が、世界最大級の油彩画なのだ。

この大作が収まる規模の場所探しに10年以上費やしたある日、新冠町の廃校校舎がネットオークションにかけられるというニュースに遭遇。すぐさま現地に赴いた谷本さんは、地区の開拓者として尽力してきた長老の、「ぜひここを再生してほしい」という熱意に心打たれた。「開拓者魂が乗り移ったんでしょうね。今後は鍬の代わりにアートでこの地を開拓しようと決意しました」。立派な作りの校舎は補修の必要もなく、大きな体育館は絵がぴったり収まるサイズだったため、改装は急ピッチで進み、2010年に美術館としてオープンした。

建物の中に入ると、ディマシオの幻想的な世界に一気に引き込まれる。体育館だった展示室では、壁一面に広がる超大作の有無を言わせぬ迫力に、息を呑まずにはいられない。

元プールだった場所を改装して「ガラスの美術館」をオープン

太陽の森 ディマシオ美術館:プールの屋根の鉄骨の骨組みを残し、窓を全面ガラス張りにした開放的な作り

プールの屋根の鉄骨の骨組みを残し、窓を全面ガラス張りにした開放的な作り

さらに今春、敷地内の元プールを改装した「ガラスの美術館」もオープンした。「周りの自然との共生を大事にしたい」との意図から、全面ガラス張りの作り。作品を鑑賞しながら外の緑を眺めることもできるし、外に設けられた遊歩道からも中の作品を眺められるという、まさに自然と一体になった美術館だ。ここでは、ガラス工芸の巨匠、ルネ・ラリックのコレクションが150点ほど展示されているほか、日本の近代ガラス作家・壹谷旭(いちやあきら)の作品も多く見られる。

太陽の森 ディマシオ美術館:陽光と緑をバックにラリック作品を鑑賞できるという、希有で贅沢な環境だ

陽光と緑をバックにラリック作品を鑑賞できるという、希有で贅沢な環境だ

日本でも有数のラインアップを誇るラリック作品は、見応えたっぷり。ディマシオ美術館内にも展示スペースが設けられており、そちらは黒一色の室内の中、半透明のオパルセント・ガラスの神秘的な美しさが浮かび上がる展示が印象的だ。両方の対照的な空間で、代表作の数々をゆったり鑑賞することができる。

太陽の森 ディマシオ美術館:代表作のひとつである花瓶「バッカスの巫女たち」

代表作のひとつである花瓶「バッカスの巫女たち」。青みがかった乳白色が神秘的な魅力

ニュース速報

ビジネス

トランプ米大統領、FRBの利上げ「喜ばしくない」

ビジネス

ホンダが「クラリティPHEV」日本であす発売、電動

ワールド

中国、為替変動にカウンターシクリカルな措置で対応=

ワールド

米NEC委員長の習氏批判、「衝撃的でっち上げ」=中

お問い合わせ

    

お問い合わせ
ディマシオ美術館
●北海道新冠郡新冠町字太陽204-5
http://dimaccio-museum.jp/