プレスリリース

野菜ソムリエによる最もおいしい「桃」の選手権 第1回「桃」選手権開催

2022年06月23日(木)17時30分
一般社団法人日本野菜ソムリエ協会(所在地:東京都中央区、理事長:福井 栄治、以下 当協会)は、「日本の農業を次世代に継承し、食を日常的に楽しめる社会の創造」という理念のもと、誰しもが健康的で幸福な生活を求めることのできる社会の実現を目指しています。当協会は“野菜・果物のプロ”である野菜ソムリエが最もおいしい桃を選ぶ「第1回 全国桃選手権」を2022年7月20日(水)に開催いたします。

本選手権では、価値ある美味しい青果物を評価し、広く世の中に発信することで、生産者を応援し、日本の農業の活性化に寄与することを目的としています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315201/LL_img_315201_1.jpg
第1回全国桃選手権

<第1回 全国桃選手権概要>
■選手権開催日時(審査日)
2022年7月20日(水)
12:00~14:00(定員20名)

■審査会場
NSE貸会議室(大阪市北区西天満2丁目6番8号 堂島ビルヂング9F)

■審査発表日
2022年7月21日(木) 協会SNSにて発表

■表彰
総合1~3位、および入賞、特別賞を表彰

■出品条件
・全国の桃生産者および、販売に携わる全ての方。
・選手権参加にあたり、審査用に桃をご提供いただける方。
※納品量目安2kg(通常サイズ約6玉・小ぶりなら10玉程度)
・出品料 1品あたり11,000円(税込)


■評価員
野菜ソムリエの資格者
※野菜ソムリエは、日頃から多くの青果物や青果物の加工品に親しむ“野菜・果物のプロ”であると同時に、一般生活者でもあるため、客観的かつ専門的な評価視点を持っています。

■出品応募方法
お申込みフォームよりエントリー。

申込フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe8dnaKg4jpGNXcMpEcmw85TRNCKF2ovo_zTrCnxn8ZGjVcIQ/viewform

■申込期限
令和4年7月3日(日)まで


■「野菜ソムリエ」とは
野菜・果物の知識を身につけ、その魅力や価値を社会に広めることができるスペシャリストです。『野菜ソムリエ』の使命は、生産者と生活者の架け橋となること。
現在、キャリアアップ・キャリアチェンジや、自分だけでなく家族や友人の健康に活かすため、さらには社会貢献を目指す多くの方々が挑戦しています。


■運営団体
一般社団法人日本野菜ソムリエ協会
創立 : 2001年8月7日
理事長 : 福井 栄治
所在地 : 東京都中央区築地3-11-6 築地スクエアビル7F
事業 : 野菜ソムリエの資格提供と育成
各種講座やコンテンツの企画開発・提供
ホームページ: https://www.vege-fru.com/


■小売業・バイヤーの方のご参加(見学)について
本選手権にご興味がある小売業・バイヤーの方の参加(見学)を受付します。事前申込とさせていただきます。担当窓口までお問い合わせくださいませ。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

暗号資産取引所FTX、ブロックファイ株取得へ協議=

ビジネス

カナダ経済、依然として軟着陸への道に=財務相

ビジネス

ジュールの電子たばこ販売禁止、裁判所が執行一時停止

ワールド

猶予期間終了のロシア・ユーロ債、台湾保有者が利払い

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中