Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2024.1.16号(1/10発売)

特集:イスラエルが敗北する日

2024年1月16日号(1/10発売)

Cover Story

ガザの犠牲者数が生む大量破壊型戦術への疑念 ──「戦闘に勝って戦争に負ける」イスラエルの誤算

中東 ガザ民間人犠牲者の「不都合な真実」を追う
人質 家族救出を待つ人々の叫び
イラン 炎と怒りの報復がシーア派大国へ
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

経済戦争はプーチンの敗色濃厚

ロシア 外国企業撤退、人材流出......戦争を続ける懐事情は実は厳しい

昭和型経営と決別する時

日本企業 ジャニーズ問題で露呈したずさんな人権意識を改めよ
【Periscope】
TAIWAN 台湾総統選に介入する中国のあの手この手
UNITED STATES 性的人身売買「関係者」リストの名前
UKRAINE 「最強戦車」レオパルトが使えていない
GO FIGURE 中国造船業が世界のトップに君臨
【Commentary】
視点 ウクライナ停戦で世界は変わるか ── 河東哲夫
米政治 大統領を決める有権者の非合理 ── グレン・カール
主張 「イランは伝統的友好国」神話の崩壊 ── 飯山 陽
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「西太后事件」と中国の愛国商売 ── ラージャオ&トウガラシ
経済ニュース超解説 2024年、日本経済は大転換する ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 再婚相手との子にこだわりすぎる娘
かしまし世界時評 大谷「男気」契約は美談なのか?── プチ鹿島
【World Affairs】
共産党 中国軍を大粛清した習近平の真意は
【Features】
米社会 燃えやすくなった最新住宅にご用心
【Life/Style】
Royals 英国王チャールズの終わらない憂鬱
Health アルツハイマー治療の鍵は「幸せホルモン」
Books 大御所ストライサンドの圧巻回顧録
Movies エクスペンダブルズ、最後の戦いへ
My Turn 1枚の風刺マンガで私は干された
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 生き地獄ホンジュラスを捨てて
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye Xで活かされる和歌の素養 ── ティムラズ・レジャバ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 4

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 10

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 7

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中