Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍
『ニューズウィーク日本版』雑誌と書籍
2023.5.30号(5/23発売)

特集:愛犬の心理学

2023年5月30日号(5/23発売)

Cover Story

アメリカ最新研究が明らかにするイヌの潜在的知力と飼い主へのホンネ

サイエンス あなた、愛犬に愛されてます?
脳機能 極端に怖がりなのは「ビビリ脳」のせい
対策 その「困った」をどうする?
いまニューズウィーク日本版を定期購読すると、デジタル版で2007年以降のバックナンバー800冊が読み放題! パソコン・スマホ・タブレットでいつでも読めます。送料無料でご自宅・オフィスに。月額払いでも、1年一括払いでも15%OFF!

故・ジャニー喜多川が遺した罪

インタビュー 性加害問題の背景をデーブ・スペクターが読み解く

国民党を苦しめる歴史のジレンマ

台湾 次期総統選で国民党は人気者を公認候補に選んだが......
【Periscope】
JAPAN G7サミットから始まる新・対中戦略競争
CHINA 中国のLGBTQ支援に逆風が吹き始めた
BELARUS ルカシェンコの健康不安説が意味するもの
GO FIGURE 不法移民が殺到するニューヨークの悲鳴
【Commentary】
英国 「冴えない」新国王のパイオニアな一面 ── コリン・ジョイス
主張 今こそタイの変革を進める時 ── ペートンタン・シナワット
視点 G7サミットが問う原爆投下の正義 ── サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「射殺無罪」が横行するアメリカ ── ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 財政出動が日本を救わない理由 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える エコじゃない義母の悪影響が心配です
その言葉への違和感 「正義」で目が曇ったのはどちらか ── 望月優大
森達也の私的邦画論 『裸のムラ』と権力腐敗と馳県知事の場外乱闘 ── 森達也
【World Affairs】
外交 中央アジアが中国になびく訳
【Features】
日本 ニッポン「自滅」への緩やかな下り坂
【Life/Style】
Books 小説家トム・ハンクスが描く映画の世界
Books 英国王チャールズを伝記にしてみたら
Movies 女たちの言葉の闘い『ウーマン・トーキング』
Health 若い女性の卵子凍結、本当に必要?
Psychology 男性チャットが悩める男子を救う
Fashion 「持続可能ファッション」の百花繚乱
My Turn AI画像が世界的コンテストで入賞して
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 先住民に死と病を運んだゴールドラッシュ
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye 中国人の私が広島を好きな理由 ── 周来友
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 5

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 6

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 7

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 8

    ジョージアはロシアに飲み込まれるのか

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 10

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中