Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2018.5. 1号(4/24発売)

特集:テロ時代の海外旅行

2018年5月 1日号(4/24発売)

Cover Story

人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

※次号5/15号は5/8(火)発売となります。

トラベル 海外旅行はリスクになったのか
評価 「危なくない」国 丸分かりマップ
安全性 あの観光地は大丈夫?
    トルコ/ウイグル/ケープタウン/バルセロナ/テルアビブ/コロンビア/マニラ/パラグアイ/イラン
アドバイス テロに負けない安全な旅を
ヒント 知っておきたい8つの安全対策
【PERISCOPE】
InternationaList
SYRIA シリアがあっさり殺戮の日常に
CHINA 中国のLGBTパワーは本物か
TURKEY 強権エルドアンが選挙を急ぐ理由
CHINA 中国はサイト密告でスパイをあぶり出し
BY THE NUMBERS プーチンの本当の資産は?
ENVIRONMENT 環境問題を「見えざる手」に委ねるな
JAPAN 日本の無防備な国境に迫る中国
NORTH KOREA 中国バレエの舞台に上がった金正恩
Asia
NORTH KOREA 「厳しいが破綻しない」北朝鮮経済
U.S. Affairs
「嘘つき」ポンペオは国務長官にふさわしくない
Business
教えてSiri! どうすればもっと売れる?
【FEATURES & ANALYSIS】
日米会談 北朝鮮情勢は動く、日本抜きで
視点 「裏方」をアピールする南北朝鮮の本心は
米外交 トランプ政権「開戦」の現実味
内戦 トランプのシリア戦略を考える
イタリア社会 ローマを掃除する難民たち
米社会 NRA無敵神話は本物か
医療 体内で止血する注入ばんそうこう
【LIFE/STYLE】
Movies ひと夏の経験─少年が知った初恋
Movies スピルバーグ新作はオタク受けでも中身なし
Health 歯周病予防にも赤ワインを
Music 型破り上等! カーディ・Bの破壊力
Television アメリカTVお笑い界で輝く紅一点
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 環境保護庁長官は税金燃焼中
Picture Power 出口を失った「鳥籠」のイラン

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏論のウソ

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 3

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!