ニュース速報

ワールド

アングル:世紀の巨大爆発を世界に配信、レバノン流血の取材記録

2020年08月10日(月)07時59分

 ロイターのシニアTVプロデューサー、アヤット・バスマ。爆発の影響で右上にあざができた。8月5日、ベイルートで撮影(2020年 ロイター/Yara Abi Nader)

Alessandra Galloni

[8日 ロイター] - すさまじい爆風で床にたたきつけられ、倒れてきた衣装だんすを辛うじてかわし、飛び散ったガラスのかけらで額を切ったとき、とっさに考えることは何だろうか。

8月4日、巨大な爆発が起きたレバノンの首都ベイルートで、ロイターの記者たちは血をぬぐい、そのまま現場の映像を撮り始めた。

シニアTVプロデューサーのアヤット・バスマは、被害の映像をいち早く世界に配信した記者の一人だ。港に保管されていた硝酸アンモニウム2750トンによるこの爆発で、少なくとも150人が死亡し、首都の大部分が破壊された。

その日、バスマは休みを取っていた。

「床に倒れこむと、ひたすら車の盗難防止アラームが鳴る音だけが響いていた。死にたくない、と思った」と、バスマは語る。「とたんに、アドレナリンがドッと出た」

大きく切れた額からの流血で髪は濡れていたが、バスマはそのまま着替えて家の外に飛び出し、唯一手元にあったカメラで撮影を始めた――自分のスマートフォンだ。

周辺では茫然(ぼうぜん)自失の状態の住民らが流血し、ガラスやがれきの山をよじ登っていた。負傷した家族を抱え、近くの車を呼び止め、病院まで連れて行ってくれるよう懇願する住民もいた。

隣の建物は屋根が吹っ飛んでいた。爆発時に上空を見た人たちは、遠くで火の玉が上がり、空がオレンジ色になり、白いキノコ雲が現れたと語った。

「何もかも倒壊していた。隣人たちは叫び、子どもたちは泣いていた」と、バスマは振り返る。「割れたガラスの上を車が走っていく音だけが聞こえた」

「でも、ずっと自分にこう言い聞かせた。『撮って、送る。撮って、送る』」

ジャーナリストは通常、レンズを通して、もしくはノートにメモを取りながら状況を記録・観察する。しかし事故後数日の間、地域の総局でもあるベイルート支局のスタッフは、進行するニュースの一部でありながら、それを報じるという事態に陥った。自宅では家族が負傷したり、ショック状態にある中、記者らは街中での取材を何時間も続けた。

TVプロデューサーのヤラ・アビ・ネーダーは、爆発の瞬間は車を運転していた。夕暮れの涼しい風を入れるために窓を開けていたことが幸いし、割れたガラスを大量に浴びずに済んだという。それでも飛んできた破片で額が切れたが、そのまま携帯で動画を撮影し、同僚らに送った。

「映像を送ることだけに集中した」、「ある意味、一種の拒絶だった。自分の顔がどうなっているのか、確認したくなかった」と、ネーダーは言う。

フォトグラファーのモハメド・アザキーは、当初は地面が揺れるのを感じて地震だと思ったという。港にたどり着くと、いたるところに遺体があった。

下半身が車の下敷きになっている男性がいた。上半身は血と土にまみれており、アザキーが「亡くなっている」と思いながら近づいた瞬間、男性は目を開いて両腕をばたばたさせた。

アザキーはすぐに救助隊を呼び、男性は車の下から救出された。

<オフィスは壊滅>

かつては洗練され美しかったベイルート中心部は、事故が起きる前から、何カ月にも及ぶ抗議デモや経済危機ですでに荒廃していた。爆発は、長らくバリケードされ、寂れていた店の窓を粉々にし、街にとどめの一撃を放った。

中心地にあるロイターの複数のオフィスも破壊された。エレン・フランシス記者は、天井が崩れ落ち、ガラスの破片がパソコンに突き刺さる中、デスクの下に隠れて身を守った。

フランシスは携帯を取り出し、社内用語で「スナップ」と呼ばれる速報を送るよう同僚らに連絡しようとした。

「『大規模爆発』と『スナップをお願い』とメッセージを送ろうとしたが、なかなかうまく打てなかった。手がひどく震えていたから」と、フランシスは語る。

「大丈夫か」と叫んだ支局長のトム・ペリーもまた、同僚らに爆発を伝え、妻と息子に連絡を取ろうとしていた。「今すぐここを出ないとダメだ」

外に出た2人は、顔から流血している女性が両腕を広げて近寄ってくるのに気づいた。オフィスに戻ろうとしていたアビ・ネーダーだ。

「オフィスは無くなった」とフランシスは告げた。3人はペリー支局長の自宅に向かい、傷んだ壁とがれきの残る部屋で夜通し職務に当たった。

中東担当のエディター、サミア・ナコールは、これまでにレバノン内戦、イラク侵攻、アラブの春を取材した。イラク侵攻の現場では重傷を負った。

今回の爆発の瞬間、ナコールは10代の子ども2人とともに車に乗っていた。

何年もの戦争取材を経験したナコールは、とっさに子どもたちに伏せるように言い、その後は車から降りて身を守れる場所を探した。

「子どもたちの目に浮かぶ恐怖とトラウマ、そして子どもたちに何かあったらと考えたときに自分の全身をかけめぐった不安を、死ぬまで忘れられないだろう」と、ナコールは言う。「今回の悲劇は、私がこれまでずっと忘れようとしていた記憶を呼び覚ましてしまった」

3人は走って自宅に戻った。そして、ナコールはノートパソコンの電源を入れた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米政権のウィーチャット禁止措置、連邦地裁が仮差し止

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ビジネス

焦点:テスラが新たな電池戦略、試されるマスク流「吸

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

  • 4

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 5

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!