ニュース速報

ワールド

中国の米農産品購入、年間500億ドル達成には時間かかる=米財務長官

2019年10月31日(木)08時30分

ムニューシン米財務長官は30日、米中が「第1段階」の通商合意に署名したとしても、中国による米国産農産品の輸入が年間400億─500億ドルに増加するには時間がかかると述べた。江蘇省南通で昨年4月撮影(2019年 ロイター/CHINA STRINGER NETWORK)

[リヤド 30日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は30日、米中が「第1段階」の通商合意に署名したとしても、トランプ大統領が提唱するように中国による米国産農産品の輸入が年間400億─500億ドルに増加するまで時間がかかると述べた。

ムニューシン長官は訪問先のサウジアラビアでロイターのインタビューに応じ、400億─500億ドルの目標について、水準は「高い」との認識を示しながらも、中国が示した輸入に関するコミットメントを巡る「極めて具体的な協議」に基づいて設定されたと説明。「米国が実行できると考える水準、および中国が必要と考える水準の双方に基づきボトムアップ形式で設定された」と述べた。

その上で、「これは1年間の目標だが、押し上げには時間がかかる」と述べた。

年間400億─500億ドルの目標は、米中貿易摩擦が勃発する前の2017年の中国による米農産品輸入額の2倍の水準。

米中通商交渉に詳しい一部の関係者はこれまで、「第1段階」の合意では、中国が貿易摩擦以前の水準に米農産品購入を戻すことを出発点にすると見込んでいると述べている。

<宙に浮いた署名場所>

ムニューシン長官は、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が今後数週間で署名できるよう、双方の交渉団が合意文書のとりまとめに取り組んでいると説明。

これまでは、11月半ばにチリで開催が予定されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で両国首脳が署名するという目標があったが、チリのピニェラ大統領は30日、APECの開催を断念すると発表。[nL3N27F4EC]

これについて財務省の高官は長官のインタビュー後、チリのAPEC開催断念を知ったところで、「選択肢を検討している」と述べた。

ムニューシン氏はまた、中国とは電話による生産的な協議が行われており、今後も続く見通しのため、自身とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が合意文書に関する詰めの協議のために中国を訪問するとは想定していないと語った。

ムニューシン氏は来週初めまで中東とインドの歴訪が予定されており、ライトハイザー氏は北米の新たな通商協定である米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)を議会に批准させるために議員らと頻繁に会合を開いている。

<中国の市場開放>

ムニューシン氏は、中国商務省の王受文次官が金融サービスを含む多くの部門で外資の投資規制を撤廃する方針を示したことについて、「歓迎する」と表明。

王次官はまた、外国投資家と外国企業に対して「明示的にも暗示的にも」技術移転を強要することはないとコメントしている。強制的な技術移転は米中貿易戦争の焦点の1つ。[nL3N27E5DJ]

ムニューシン氏は「われわれは王氏の発言に勇気付けられており、合意された内容と整合的だ」と述べた。

また、「第1段階」合意に含まれている中国の金融サービス市場開放が、オバマ前政権時代の2016年に米中が交渉した2国間投資協定(BIT)に類似しているとの指摘があることについて、ムニューシン氏はこれを否定。

「これは全く新しい合意だ」と強調。「(BITは)出発点ではなかった。これに留意することは実質なかった」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

クウェート、前首長の葬儀は一般非公開で カタール首

ワールド

英で新型コロナ第2波加速、首相が国民に規制遵守求め

ワールド

プラウド・ボーイズは「知らない」、法執行当局に仕事

ワールド

混迷の米大統領選討論会、秩序維持へ対応策 運営側が

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!