ニュース速報

ビジネス

サムスン電子、第1四半期は50%営業増益の見通し 半導体需要堅調

2022年04月07日(木)11時28分

4月7日、韓国のサムスン電子は、第1・四半期の営業利益が前年比約50%増加し、同四半期利益としては2018年以来の高水準になるとの見通しを示した。写真はサムスンのロゴ。ソウルで2017年10月撮影(2022年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 7日 ロイター] - 韓国のサムスン電子は7日、第1・四半期の営業利益が前年比約50%増加し、同四半期利益としては2018年以来の高水準になるとの見通しを示した。半導体に対する需要が底堅かった。

第1・四半期の営業利益は14兆1000億ウォン(116億ドル)と予想。リフィニティブがまとめた市場予想は13兆3000億ウォン。

売上高は、前年比18%増加して過去最高の77兆ウォンになる見込み。こちらも市場予想を上回った。同社は4月28日に決算の詳細を発表する。

ケープ投資証券のアナリストは「サムスンの見通しが市場予想を上回ったのは、メモリーチップの出荷と価格が予想より良好だったためだろう」と指摘した。

半導体価格は第1・四半期に下落したものの、アナリストによると、堅調な需要に加え、メーカーが投資に慎重な姿勢を示し、生産拡張が抑制されたことから、予想以上に底堅かった。これがサムスン電子の利益全体の約半分を占める半導体部門を支援したとみられる。

調査会社トレンドフォースによると、データセンターで広く使われているDRAMチップの価格は第1・四半期に8%下落、ハイテク機器のデータストレージ向けNANDフラッシュメモリーチップは5─10%下落した。

インフレの高まりでパソコンやスマートフォンの需要が打撃を受ける可能性があることから、DRAM型の価格は第2・四半期も下落が続くとアナリストはみている。

一方、トレンドフォースによると、NAND型の価格はキオクシアホールディングスと米ウエスタンデジタルが共同運営する工場で2月に発生した原材料汚染の影響で、5─10%上昇する見込みという。同工場の問題もサムスンの業績に恩恵となった可能性が高い。

カウンターポイント・リサーチの試算によると、サムスンの第1・四半期スマートフォン出荷台数は7200万台と、前年同期比で約11%減少。最新の旗艦機種「ギャラクシーS22」の発表が例年より遅れたことが主に影響したとみられる。

カウンターポイントによると、S22シリーズは2月下旬の発売後、最初の1週間の世界販売台数が前機種「S21」を約5割上回った。3月末までに出荷されたS22シリーズは600万台強で、予想並みという。

*カテゴリーを変更して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米フィラデルフィアでも銃撃、警官2人負傷 独立記念

ビジネス

ボルボ、6月販売台数27%減 EV部品不足響くが生

ワールド

世界の天然ガス需要、今年0.5%減へ その後も伸び

ビジネス

仏サノフィ、インスリンや特許切れ薬30種を低所得4

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 3

    「タンパク質ダイエットには腸活が欠かせない」 順天堂大・小林教授が毎朝実践する4つの習慣

  • 4

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 9

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 10

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 6

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 7

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中