ニュース速報

ビジネス

ECB、低利融資の借入枠巡る理事案に一部が反対=議事要旨

2021年01月15日(金)00時52分

欧州中央銀行(ECB)が14日公表した昨年12月の理事会の議事要旨で、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)の銀行の借入枠引き上げを巡り、レーン専務理事兼チーフエコノミストの提案に一部メンバーが反対し、引き上げ幅が縮小されていたことが分かった。フランクフルトのECB本部で2019年7月撮影(2021年 ロイター/Ralph Orlowski)

[フランクフルト 14日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が14日公表した昨年12月の理事会の議事要旨で、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)の銀行の借入枠引き上げを巡り、レーン専務理事兼チーフエコノミストの提案に一部メンバーが反対し、引き上げ幅が縮小されていたことが分かった。

ECBは12月、新型コロナウイルスの感染第2波に対応しユーロ圏経済を支援するため、追加の金融緩和策を発表。パンデミック緊急購入プログラム(PEPP) の規模を5000億ユーロ拡大し、期間を2022年3月まで9カ月間延長したほか、TLTROの期間も1年間延長し、銀行が借り入れられる合計額を各銀行の適格融資残高の55%に引き上げた。

要旨によると、レーン氏は借入枠を60%に引き上げることを提案したが、「銀行のユーロシステムへの依存度が高まることが懸念される」として多くのメンバーが留保を表明。55%への引き上げで大筋合意したという。

政策変更を巡り理事会メンバー間で意見が分かれることはしばしば見られるが、通常は会合前に意見の相違が解消されるため、チーフエコノミストの提案が変更されるのはまれ。提案より小幅な借入枠引き上げになったことは、超緩和政策の一部を巡って懐疑的な見方が高まっていることを示唆する。

<PEPP買い入れ>

PEPPの買い入れ規模拡大についてもメンバー間で意見が対立し、レーン氏が提案した5000億ユーロよりも少ない額を主張するメンバーと、それよりも多い額を求めるメンバーがいたという。

ロイターは昨年12月、理事会前の議論で7500億ユーロの拡大が取り上げられたと報じた。

要旨によると、買い入れ余地は依然大きいものの、不確実性の高い環境下では万一に備える必要があるとの判断から、「PEPPの買い入れ規模をより緩やかに引き上げることを多くのメンバーが支持した」という。

一方で、買い入れ枠拡大により各国政府によるPEPP依存の高まりやモラルハザード、市場機能の歪みなどを引き起こすリスクが懸念されるとした。

また、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)初期の市場暴落時には守られなかったが、国別の買い入れ枠を尊重することを求めた。

次回のECB理事会は21日に開催され、PEPPを含めた超緩和政策を維持するとみられている。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

NY市、22日に高校対面授業再開 9月の学校完全再

ビジネス

米コロナ追加対策、「非常に力強い」景気回復促進へ=

ビジネス

物価の大幅上昇見込まず、経済「慎重ながら楽観視」=

ワールド

ミャンマー抗議デモで3人死亡

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!