ニュース速報

ビジネス

米住宅着工件数、12月は13年ぶり高水準 低金利が後押し

2020年01月18日(土)03時49分

米商務省が17日発表した2019年12月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比16.9%増の160万8000戸と、2006年12月以来13年ぶりの高水準を付けた(2020年 ロイター/Steve Dipaola)

[ワシントン 17日 ロイター] - 米商務省が17日発表した2019年12月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比16.9%増の160万8000戸と、2006年12月以来13年ぶりの高水準を付けた。

住宅ローン金利が低い中で住宅市場の持ち直しが再び軌道に乗ってきたことを示した。過去最長期間拡大している景気を後押しする材料となる可能性がある。市場予想は137万5000戸だった。

増加率は16年10月以来の大きさ。12月の前年同月比は40.8%増だった。

19年11月の着工件数は当初発表の136万5000戸から137万5000戸へ上方改定された。19年は前年比3.2%増の129万戸だった。

12月の住宅着工許可件数は前月比3.9%減の141万6000戸だった。11月は12年半ぶりの高水準だった。

12月の住宅着工件数の前月比の内訳は、市場で最も大きなシェアを占める一戸建て住宅が前月比11.2%増の105万5000戸と、07年6月以来の高水準を付けた。地域別では中西部のほか、人口の多い南部が増えた。一方、北東部と西部は減少した。

一戸建て住宅の許可件数は0.5%減の91万6000戸。前月まで7カ月連続で伸びていた。

月々の変動が激しい集合住宅の着工件数は29.8%増の55万3000戸だった。1986年7月以来の高水準となった。許可件数は9.6%減の50万戸だった。

ナロフ・エコノミック・アドバイザーズの首席エコノミスト、ジョエル・ナロフ氏は「住宅建設の大幅な増加は経済成長の大きな支援要因となる」と指摘。ただ「今年第1・四半期は軟調になる可能性がある」との見方を示した。

着工件数の増加に加え、完成件数と建設中の住宅が増加していることで、住宅販売の抑制要因となっていた住宅不足が解消に向かう可能性がある。

建設中の住宅は2.0%増の119万2000戸と、07年3月以来の水準に増加。オンライ不動産業、ジローのエコノミスト、マシュー・スピークマン氏は「現在の歴史的な在庫不足の解消には建設の増加だけでは追いつかない」としながらも、建設の増加で状況が改善する可能性があるとの見方を示した。

米連邦準備理事会(FRB)が19年に3回利下げしたことに伴い住宅ローン金利は18年に付けた数年来の高水準から低下し、住宅市場は勢いを取り戻している。連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、30年住宅ローンの固定金利は現在平均3.65%と、18年11月の4.94%から低下してる。

前日発表された1月のNAHB/ウエルズ・ファーゴ住宅建設業者指数は前月から低下したものの、依然として1999年半ば以来の高水準に近い。建設業者は「引き続き用地と労働力不足が課題だ。購入者は在庫不足に悩まされている。初めての住宅購入者向けの在庫不足は特に顕著だ」と指摘した。

住宅市場は米経済の約3.1%を占める。住宅投資は19年第3・四半期に持ち直した。それまでは6四半期連続で縮小しており、落ち込みは期間は07ー09年の景気後退期以来の長さだった。住宅投資は第4・四半期も国内総生産(GDP) を押し上げる方向に働くとみられる。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米新築住宅販売、1月は12年半ぶり高水準 住宅市場

ワールド

米、新型ウイルス感染59人に 伊・イラン渡航の警戒

ビジネス

ECB、より明確な物価目標が必要=アイルランド中銀

ワールド

中国の経済回復は加速、新型ウイルスなおリスク=党中

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 2

    クルーズ船のフィリピン人80人に陽性反応 約400人は帰国後隔離へ

  • 3

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 4

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 5

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 6

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 9

    新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザ…

  • 10

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 7

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 8

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!