ニュース速報

ビジネス

ドル111円後半、米長期金利低迷で上値重い

2017年10月16日(月)15時23分

 10月16日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円後半。米長期金利は前週末の米消費者物価指数を受けた低水準からは若干反発したものの、依然2.2%台で低迷し、同金利と相関が高いドル/円相場は、上値を抑えられた。写真は6月撮影(2017年 ロイター/Thomas White)

[東京 16日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円後半。米長期金利は前週末の米消費者物価指数を受けた低水準からは若干反発したものの、依然2.2%台で低迷し、同金利と相関が高いドル/円相場は、上値を抑えられた。

週明け午前の取引は全般手掛かりに乏しく、短期筋の散発的な買い戻しにドルは小幅上昇したが、一巡後は値動きが鈍った。午後の取引も米長期金利を眺めつつの一進一退となった。

午後3時時点の米10年国債利回りは2.289/2.287%の気配。13日のニューヨーク市場では一時2.273%付近まで低下し2週間ぶりの低水準をつけた。

ドル/円相場と相関が高い米10年債利回りは「低下トレンドにある」(国内金融機関)とされ、ドル/円の先行きについても「目線が下向きになりやすい」(同)という。

難航が予想される米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人事については、FRBのフィッシャー副議長が13日に、トランプ大統領はイエレン氏を再任するべきだとの考えを示した。

12日には、トランプ大統領が米スタンフォード大学のジョン・テイラー教授と面談したことが明らかになった。ただ、テイラー氏を巡っては、FRB内に「対立勢力」(外銀)もいるとされ、不透明感が漂う。

結果的に、パウエル理事とウォーシュ元FRB理事の選択肢が現実味を帯びそうだが、「ウォーシュ氏はQE2に何回も反対していて、ばら撒いたドルの回収を続けることが予想される。米国株のバブル崩壊のトリガーになるかもしれない」とマーケット・ストラテジィ・インスティチュート代表の亀井幸一郎氏はみている。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルの米金利戦略部門責任者、ジョージ・ゴンカルベス氏は6日、ウォーシュ氏がイエレン氏と最も異なると予想されるのは、現在過去最高値水準にある株式市場に調整が入ったとしても動じないと見られる点と指摘した。

イエレン議長およびバーナンキ前議長は、金融市場の動きに敏感に反応してきた。

市場では海外勢の日本株買いに関心を寄せる声が上がっている。財務省が前週13日に発表した10月1日―7日の対内株式投資は1兆2353億円の買い越しと、13年11月10日─16日の1兆2951億円の買い越し以来、約4年ぶり高水準を記録した。

日本取引所グループ(JPX)の集計でも、10月2日─6日の海外勢の現物株買いは6575億円の買い越しと15年4月第4週以来、2年5カ月ぶりの大きさだった。

ユーロは132円付近と小安い。ユーロは対ドルでも小幅に気配値を切り下げて週明けの取引が始まり、現在は1.1795ドル付近。やや上値が重い。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 111.89/91 1.1794/98 132.00/04

午前9時現在 111.86/88 1.1812/16 132.16/20

NY午後5時 111.84/87 1.1822/24 132.19/23

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英政府、新型コロナ患者への長期的影響調査へ 100

ビジネス

イタリア、自動車・観光産業支援策を検討=首相

ビジネス

シェル、英国への本社移転の可能性排除せず─CEO=

ワールド

豪ビクトリア州、NSW州との州境閉鎖へ メルボルン

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    新型コロナのワクチンはいつになったらできる?

  • 5

    韓国、Netflix急成長にタダ乗り議論で法改正 政府は…

  • 6

    オーストラリア経済の長期繁栄に終止符 観光・教育・…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「バイデン大統領」に備える投資家 ドル売りに米株保…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染111人 4日連続3…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染131人 3日連続3…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 9

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!