ニュース速報

米短期金融市場で金利急上昇、FRBは臨時で資金を供給

2019年09月18日(水)15時06分

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米短期金融市場で17日、銀行や企業が資金調達する際に支払う翌日物レポ金利が前日に続き上昇し、一時10%を付けた。四半期の法人税納付や国債入札の決済が立て込むなか、今週に入って短期市場に混乱がみられており、ニューヨーク(NY)連銀は臨時の資金供給を実施した。

フェデラル・ファンド(FF)金利の実効レートも16日に上昇。同レートは2.25%と誘導目標レンジである2.0―2.25%の上限に達した。アナリストはレポ金利上昇が原因と指摘した。[nL3N2683HQ]

NY連銀は、市場の動揺を抑えるため、銀行の持つ国債などを担保とするレポ取引を通じて531億5000万ドルを市場に供給した。連銀は18日もレポ取引を通じた金融調節を実施し、最大750億ドルを供給すると表明した。

米連邦準備理事会(FRB)は2008年の世界金融危機のさなかにレポ取引で大規模な資金供給を行ったが、近年は市中銀行が日々の業務に必要な手元流動性を十分に確保していることから、ほとんど実施されていなかった。

短期金利の急騰は、保有資産を減らすことでバランスシートを正常化するFRBのこれまでの政策に起因する短期金融市場のゆがみを映し出したとアナリストは指摘する。保有資産の縮小によって市中銀行の準備預金は2017年以来、9000億ドル近く減少している。FRBは18日まで2日間、連邦公開市場委員会(FOMC)を開く。

TD証券(ニューヨーク)のシニア金利ストラテジスト、ゲンナディ・ゴールドバーグ氏は、FRBがバランスシートを縮小し、銀行システムにおける準備預金が大幅に減少したことが資金不足の「根本原因」だと指摘した。「これが資金需給を逼迫させた」とした。

NY連銀の資金供給の発表を受けて、レポ金利は一時、ゼロまで低下したが、その後3.5%前後に再び上昇した。

アナリストはFRBが短期金融市場の安定を図るため、一段の措置を講じると見込んでいる。銀行が必要に応じて米国債を超過準備に転換することを可能にする「スタンディング・レポ制度」や超過準備への付利(IOER)の引き下げ、米国債買い入れなどが実施される可能性が指摘されている。

キャンター・フィッツジェラルドの米国債ストラテジスト、ジャスティン・レデラー氏は「短期市場で起きている現象に対してFRBは何らかの形で対処する必要があるだろう」と述べた。

※内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米中が国連を舞台に衝突、香港問題巡り

ビジネス

豪経済は想定より良好、マイナス金利や一段緩和の可能

ワールド

トランプ氏、ソーシャルメディア巡る大統領令に28日

ビジネス

アメリカン航空、管理職と後方部門の人員を30%削減

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 8

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 9

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 10

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!