ニュース速報

アングル:欧州議会の反EU派、勢力結集は困難か

2019年05月29日(水)09時17分

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州議会選挙でナショナリズムを掲げる反EU派は改選前よりも議席数を伸ばし、一定の存在感を示した。ただ、難民問題やロシアとの関係を巡る政党間の溝は深い。共通の目標の下で結集し、他の会派からの参集も図って親EU派の政策に対抗するのは容易ではない。

暫定集計によると、反EU勢力は751議席中170議席余りを獲得。全体に占める比率は改選前の20%から23%に上昇したが、極右勢力は一部の予想ほどは議席数が増えず、親EU派が最大勢力を維持した。

一方、反EU勢力の中心的存在となっているイタリアの極右政党「同盟」を率いるサルビーニ副首相は27日、150人の議員グループの立ち上げを目指すと表明。ルペン党首率いる「国民連合(RN)」やナイジェル・ファラージ氏の英「ブレグジット党」、ハンガリーのオルバン首相などとこの件について協議したと明らかにした。

反EU勢力3会派のうち、英独立党(UKIP)とイタリアの反体制派「五つ星運動」などから成る会派「自由と直接民主主義の欧州(EFDD)」は、議席数が会派結成に必要な7議席に達せず消滅する見込みで、同会派からサルビーニ氏のグループに乗り換える動きが起きるかもしれない。

またポーランドでは現在、穏健な反EU会派「欧州保守改革連盟(ECR)」と手を組んでいる与党「法と正義(PiS)」が「同盟」との連携を協議する用意があると明らかにしており、こうした動きがサルビーニ氏の追い風になるかもしれない。

欧州議会は中道派とリベラル派が引き続き優勢で、反EU派は議席数が法案阻止には不十分に見えるが、一部の問題では右派の連携によって見かけ以上の影響力を発揮するかもしれない。

コーポレート・ヨーロッパ・オブザバトリーで調査を担当するケネス・ハー氏は「極右勢力の立場が強くなることで、中道右派の欧州人民党(EPP)がさらに右寄りに引きずり込まれるリスクがある」と述べた。

一方で、ハンガリーで52%の票を集めて13議席を手に入れたオルバン氏はEPPを離脱する公算が最も大きい。ユーラシア・グループのムジタバ・ラーマン氏は「オルバン氏がサルビーニ氏や彼のグループと手を組むと決断すれば、親EU派に対する重大なメッセージになる」と指摘した。

イタリアではベルルスコーニ元首相の「フォルツァ・イタリア」が8議席を獲得した。ベルルスコーニ氏もEPPに対して政策を右派寄りに修正するよう繰り返し求めている。

スペインでも新しい極右「ボックス(VOX)」がサルビーニ氏のグループと一部の問題で連携しそうだ。

しかしナショナリズムを掲げる勢力は政策で食い違いが大きく、これまでの立法作業で親EU派に対する十分な抵抗勢力になり得てこなかった。東欧の議員は以前から、EU各国で難民受け入れを分担すべきだとのイタリアの訴えに反対している。

ポーランドの法と正義は、サルビーニ氏やルペン氏がロシア寄りだと懸念している。

経済政策を巡っても反EU派内では見解の相違が大きく、サルビーニ氏は柔軟な財政ルールを主張し、オーストリアの極右「自由党(FPO)」から冷ややかな反応を受けている。

また、今回の欧州議会選で反EU派の議席増を支えた立役者の一人は29議席を得た英ブレグジット党だが、英国のEU離脱のさらなる延期が認められず10月31日に実際に英国が離脱したとたん、この議席は失われる。

(Francesco Guarascio記者)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:香港の出口

2019-8・27号(8/20発売)

拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

人気ランキング

  • 1

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 6

    韓国、外貨準備に対する対外債務が高水準に 金融収支…

  • 7

    韓国で広がる東京五輪不参加を求める声、それを牽制…

  • 8

    韓国、日本との軍事情報協定破棄へ 米国防総省「強い…

  • 9

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 10

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さらに深まる

  • 3

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる韓国でベテラン俳優が問題提起

  • 4

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 8

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 9

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

  • 10

    韓国金融当局、独10年債利回り連動デリバティブを調査…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    韓国・8月15日、文在寅大統領の退陣要求集会には、安…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!