ニュース速報

アングル:欧州議会の反EU派、勢力結集は困難か

2019年05月29日(水)09時17分

[ブリュッセル 27日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州議会選挙でナショナリズムを掲げる反EU派は改選前よりも議席数を伸ばし、一定の存在感を示した。ただ、難民問題やロシアとの関係を巡る政党間の溝は深い。共通の目標の下で結集し、他の会派からの参集も図って親EU派の政策に対抗するのは容易ではない。

暫定集計によると、反EU勢力は751議席中170議席余りを獲得。全体に占める比率は改選前の20%から23%に上昇したが、極右勢力は一部の予想ほどは議席数が増えず、親EU派が最大勢力を維持した。

一方、反EU勢力の中心的存在となっているイタリアの極右政党「同盟」を率いるサルビーニ副首相は27日、150人の議員グループの立ち上げを目指すと表明。ルペン党首率いる「国民連合(RN)」やナイジェル・ファラージ氏の英「ブレグジット党」、ハンガリーのオルバン首相などとこの件について協議したと明らかにした。

反EU勢力3会派のうち、英独立党(UKIP)とイタリアの反体制派「五つ星運動」などから成る会派「自由と直接民主主義の欧州(EFDD)」は、議席数が会派結成に必要な7議席に達せず消滅する見込みで、同会派からサルビーニ氏のグループに乗り換える動きが起きるかもしれない。

またポーランドでは現在、穏健な反EU会派「欧州保守改革連盟(ECR)」と手を組んでいる与党「法と正義(PiS)」が「同盟」との連携を協議する用意があると明らかにしており、こうした動きがサルビーニ氏の追い風になるかもしれない。

欧州議会は中道派とリベラル派が引き続き優勢で、反EU派は議席数が法案阻止には不十分に見えるが、一部の問題では右派の連携によって見かけ以上の影響力を発揮するかもしれない。

コーポレート・ヨーロッパ・オブザバトリーで調査を担当するケネス・ハー氏は「極右勢力の立場が強くなることで、中道右派の欧州人民党(EPP)がさらに右寄りに引きずり込まれるリスクがある」と述べた。

一方で、ハンガリーで52%の票を集めて13議席を手に入れたオルバン氏はEPPを離脱する公算が最も大きい。ユーラシア・グループのムジタバ・ラーマン氏は「オルバン氏がサルビーニ氏や彼のグループと手を組むと決断すれば、親EU派に対する重大なメッセージになる」と指摘した。

イタリアではベルルスコーニ元首相の「フォルツァ・イタリア」が8議席を獲得した。ベルルスコーニ氏もEPPに対して政策を右派寄りに修正するよう繰り返し求めている。

スペインでも新しい極右「ボックス(VOX)」がサルビーニ氏のグループと一部の問題で連携しそうだ。

しかしナショナリズムを掲げる勢力は政策で食い違いが大きく、これまでの立法作業で親EU派に対する十分な抵抗勢力になり得てこなかった。東欧の議員は以前から、EU各国で難民受け入れを分担すべきだとのイタリアの訴えに反対している。

ポーランドの法と正義は、サルビーニ氏やルペン氏がロシア寄りだと懸念している。

経済政策を巡っても反EU派内では見解の相違が大きく、サルビーニ氏は柔軟な財政ルールを主張し、オーストリアの極右「自由党(FPO)」から冷ややかな反応を受けている。

また、今回の欧州議会選で反EU派の議席増を支えた立役者の一人は29議席を得た英ブレグジット党だが、英国のEU離脱のさらなる延期が認められず10月31日に実際に英国が離脱したとたん、この議席は失われる。

(Francesco Guarascio記者)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 6

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    世界に誇る『ゴジラ』シリーズ化の原点は、1955年公…

  • 10

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!