最新記事
事件

「やりすぎだ」パトカーで牛を2度はねた英警察に批判殺到 猛スピードで激突し、はね飛ばす映像にネット激怒

2024年6月19日(水)20時05分
若道いつき
牛

(写真はイメージです) Marie Charouzova-Shutterstock

<捕獲するために牛を2度はねた英警察の対応に批判殺到>

14日夜に英サリー州で撮影された映像が物議を醸している。

【映像】パトカーが「猛スピード」で牛をはね飛ばす...弱った牛に「ダメ押し」の激突で批判殺到

ステーンズアポンテムズの住宅街で撮影されたこの動画は、牧草地から出てきたとみられる牛が夜の車道を徘徊するシーンから始まる。住宅街はすでに騒々しく、通りには牛に追われて小走りで逃げる男性の姿も。珍しい光景を愉快な様子で観察していた撮影者だったが、次の瞬間、空気が一変する。

車道の真ん中を歩く牛の後方に位置どっていたパトカーが急加速し、猛スピードで激突。牛は前方に大きくはね飛ばされ、現場は悲鳴に包まれた。

地面に叩きつけられた牛が頭を激しく振りながら起き上がると、そこへ同じパトカーがもう一度突進。バンパーが牛の顔に直撃しているように見え、鈍い衝突音も収録されている。

英デイリー・メール紙は、この牛が住民に突進したり車を傷付けたりしているという複数の通報を受けて対応に当たっていたという警察のコメントを伝えている。安全に捕獲することを数時間試みたもののうまくいかず、車を使って暴走を止めることにしたという。

この映像は複数のメディアに取り上げられ、ネット上で議論の的となっている。動画を視聴した多くのユーザーが警察の判断を疑問視しており、「非倫理的」「やりすぎだ」など否定的なコメントが多く見られた。

2024071623issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月16日/23日号(7月9日発売)は「まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50」特集。万引大国アメリカ、月にクマムシ、ウクライナでワインツーリズム、欧州アフリカ海底鉄道…… PLUS クイズ50

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ、戦時初の増税案提出 防衛費拡大で財源確

ワールド

トランプ氏、暗殺未遂語るのは「つら過ぎる」 指名受

ワールド

原油先物は下落、センチメント弱く 2週続落の見通し

ビジネス

ANA社長「円安は成長チャンス」、ミラノなど3都市
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中