最新記事
ガザ侵攻

ハマスの地下トンネルに海水を注入する作戦、イスラエルは本当に決行するか

Will Israel Flood Gaza Tunnels To Force Out Hamas? What We Know

2023年12月7日(木)17時00分
デービッド・ブレナン
ハマス兵士

地下トンネルで攻撃準備をするハマス兵士。車が走れるほど広い場所もあるという(イスラエル軍のSNSより) IDF/YouTube

<イスラエル軍が手を焼いてきたハマスの巨大な地下トンネル、大量の海水注入という奇策の実行に向けてポンプも建設。本当にやるのか>

<動画>イスラエル軍が地下都市と呼ぶハマスの地下トンネル

 

ガザ地区の地下に迷宮のように張り巡らされたトンネル網に大量の海水を注入し、そこに隠されたイスラム組織ハマスの基地を、隠匿された武器もろとも水没させる──イスラエル軍はハマス「殲滅」作戦の一環として、そんな計画を検討しているようだ。

イスラエル軍は11月、既に制圧したガザ地区北部のガザ市にあるアルシャティ難民キャンプ近くに大型ポンプ5基を建設したと、12月4日付のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が匿名の米高官の話として伝えた。

ポンプを稼働させれば、地下の広大なトンネル網を何週間かで水没させることが可能だという。イスラエル政府はこの計画について米政府とその同盟国に知らせたが、実行するかどうかは未定だと、WSJは伝えている。

「トンネルとそれを取り巻く地面について、詳しいことは誰も知らないため、計画が成功するかどうかは分からない」と、この計画をよく知る匿名の情報筋はWSJに語った。「誰も入ったことのないトンネルに海水がどう流れるかは分からず、計画の有効性は推測できない」

計画実行をためらう理由

ネット上には建設中、あるいは稼働中のイスラエル軍のポンプと称して、真偽の不確かな動画が出回っているが、イスラエル政府はそれらの動画についても、WSJの記事についても、コメントを拒んでいる。

「この件に関しては、何も言うことはない」と、イスラエル軍報道部は12月6日早朝、本誌の問い合わせに回答した。

イスラエル政府のアイロン・レビー報道官は5日、エルサレムの記者クラブでのブリーフィングで、「当然ながらイスラエル軍はさまざまな工学的手法を使うが、どんな手法を使うか、使用を検討しているかは、ここでは言えない」と述べた。

イスラエル軍がガザ南部に侵攻を開始し、国際社会は民間人の死者が多数に上ることを懸念しているが、これについてレビーは本誌に対し、イスラエル軍はハマスを撲滅するまで攻撃の手を緩めないと断言し、ハマスの戦闘員は「逃げも隠れもできない」と述べた。

本誌はハマスの報道官にもメッセージアプリのワッツアップを通じてコメントを求めている。

トンネルに海水を注入する計画については、イスラエルの高官の間でも懸念の声が聞かれると、WSJは伝えている。トンネルから流れ出た海水や有毒物質が周囲の環境に染み込み、ガザの帯水層や土壌の汚染がさらに進む可能性があるからだ。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

バークシャー、日本の5大商社株保有比率引き上げ 約

ビジネス

バフェット氏「目を見張る」業績終わった、長期的に株

ワールド

ナワリヌイ氏遺体、母親に引き渡し 夫人は「拷問」と

ビジネス

米石油掘削リグ稼働数、11月以来の大幅増=ベーカー
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 3

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 4

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中