最新記事
米犯罪

遺体レイプ男が現場を押さえられたときの鬼畜な格好(アメリカ)

Security Guard Caught Having Sex With Corpse in Hospital Morgue

2023年12月4日(月)15時55分
マウラ・ズーリック
目撃者が語った「その時」の姿

目撃者が語った「その時」の姿とは ANTIVAR-Shutterstock.

<アリゾナ州フェニックスの病院で、警備員が遺体安置所に運んだ遺体に性行為をおこない、逮捕されたのだが>

アリゾナ州に住む46歳の男性ランデル・バードは今年11月、フェニックスの病院の遺体安置所で79歳の女性の死体と性行為を行なったとして告訴され、解雇されたと地元当局が発表した。

【動画】遺体レイプ事件を伝えるニュースと被告の男


フェニックス警察の広報担当ブライアン・バウワーが本誌に電子メールで回答したところでは、数週間の捜査の結果、バードは11月28日に逮捕され、死者に対する5件の犯罪で起訴された。

10月24日、フェニックスのバナー大学メディカルセンターで違法行為が行われているという通報があり、フェニックス警察が駆け付けた。バードはこの病院に警備員として勤めており、遺体を安置所の冷凍庫に運ぶことも仕事の一部だった。ただし、警備員が遺体袋を開けることは許されないと、地元テレビ局KTVKとKPHOは裁判記録を引用して報じた。

裁判記録によれば、監視カメラには10月22日にバードが遺体安置所に79歳の女性の遺体袋を運び込むところが映っていたという。しばらくして2人の目撃者が遺体安置所に到着。そのとき、ドアは内側から施錠されていたと2人は主張している。

バードは冷凍庫の中にいたがその割に「大汗をかき」、「神経を高ぶらせていた」と、目撃者は語った。ベルトは外れ、ズボンのジッパーは開き、制服は乱れていたという。遺体袋のファスナーも開いていて、うつぶせになっている遺体が見えた。裁判記録によると、冷凍庫に安置する遺体の向きは本来、仰向けと決まっている。

言い訳も見苦しい

目撃者によると、死体安置所に入ったとき、バードは遺体に覆いかぶさろうとしていた。バードは、これは持病の発作のせいだと目撃者らに弁解したという。自分は気を失い、倒れた拍子に遺体袋の上から遺体に掴まったため、袋が破れたとバードは語った。

だが目撃者の話では、遺体袋もジッパーも壊れていなかったという。その後、2人はバードの行為を上司に報告。上司は警察に通報した。

警察は10月25日にバードに事情聴取を行ったが、バードは持病の症状のせいで何が起こったか覚えていないと言った。捜査官が遺体とバードから証拠を収集し、鑑定したところ、遺体からバードのDNAが検出されたとKTVKとKPHOは報じている。

現時点で、バードに代理人弁護士がいるかどうかは、明らかではない。

バードが勤めていたバナー・ヘルス社の広報担当ベッキー・アーメンダリズは本誌の電子メールに対し、バードはもはや在籍していないと確認した。バナー・ヘルス関係者は「違法な行為に悲しみ、愕然としている」とも述べた。

「最近、当社は病院の死体安置所での従業員の問題行動を特定し、報告しました」とアーメンダリズは語った。「内部調査を開始し、法執行機関に報告書を提出し、その従業員を解雇しました。当社は従業員一人ひとりに対し、すべての人を思いやり、尊厳を敬い、尊敬の念を持って接することを求め、それを守り続けています。ご遺族への配慮から、現時点ではこれ以上のコメントは差し控えます」

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

焦点:希望見えないウクライナ難民、ホームレス化する

ワールド

南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、衛星写真で判

ワールド

中国、主要産業のハッキング対策強化へ

ビジネス

オムロン、国内外で約2000人削減 構造改革で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中