最新記事

中国

共産革命から経済大国へ──江沢民と中国の軌跡

2022年12月7日(水)15時27分
ビクター・シー (米カリフォルニア大学サンディエゴ校准教授)

2017年の共産党大会の閉会式で習近平総書記と話す江沢民 REUTERS/Jason Lee

<11月30日に96歳で没した元中国共産党総書記の江沢民。市場経済化を推し進め、高い経済成長を実現。中国の国際的な存在感を高めた江の生涯を振り返る>

彼には、なかなか笑える逸話がある。江沢民が2002年に76歳で中国共産党総書記の座を辞す2年前のこと、北京での記者会見で香港の若い女性記者の無邪気な質問(香港の現行政長官の続投はあり得るか)に過剰反応し、北京語に加えて英語や広東語も交え、君たち若者は「単純すぎる、ナイーブだ」などと説教を垂れた。

当時、この一件は国民に広く知れ渡り、大いに苦笑・失笑・冷笑の的となった。世間の若者は無知で老人の知恵こそ絶対に正しいと、彼の世代の指導層が固く信じていた証拠ともいえる。

しかし、実際の江沢民は頑迷なだけの男ではなかった。11月30日に96歳で没した江は、その長い人生において、中国にとって2つの大きな転換期に立ち会い、国の進むべき道を整え、国民の暮らしをおおむね向上させることに携わってきた。

まずは革命第1世代の影からの平和的な脱却を図った。古参の革命家たちは何十年も互いに粛清することを繰り返し、人民に奉仕するどころか、大きな痛みと悲しみをもたらすこともあった。

次に江は、ためらいがちながらも市場経済を受け入れた。現在の体制に比べると、まだ江の時代のほうが、中国の人々には希望があったのではないか。息の詰まるようなゼロコロナ政策で先が見えず、国内各地に抗議運動が広がっている現状を見ると、実に隔世の感がある。

鄧小平の時代も含め、歴代のどの指導者の時代よりも、江体制下では中国の世界経済への統合が進んだ。外国からの直接投資を歓迎し、WTO(世界貿易機関)への加盟を果たしたことにより、中国は経済大国への軌道に乗った。

しかし本人の生い立ちを見ると、これほどの大事をなすことを予感させるような兆しはない。1926年に生まれ、幼少期を過ごした東部の都市・江蘇省揚州は、農村から工業都市へと変貌する過渡期にあった。また政治の混乱が絶えない地域でもあった。

革命家の叔父が導き手

揚州時代の江は、高名な漢方医である祖父の地位と富のおかげで恵まれた生活をしていた。父親はエンジニアとして近代的な企業に勤務し、暮らしは安定していたようだ。

だが彼の人生に最大の影響を与えたのは叔父の江上青(江世侯)かもしれない。まだ沢民は幼かったが、叔父は共産主義の革命家として日本軍や当時の国民党政府、地域の武装勢力と闘い、運命に翻弄されていた。沢民が9歳になる前で、日本が中国本土に侵攻する前のことだが、江上青は学校の教師として共産主義の主張を広めたかどで、国民党政権によって2度にわたり投獄されている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=反発、FRB議長発言を消化

ビジネス

NY外為市場=ドル全面安、FRB議長タカ派化せず

ワールド

ウォルシュ米労働長官が退任へ、バイデン政権閣僚で初

ビジネス

米インフレ対応に「かなりの時間」、好調な雇用統計受

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月