最新記事

独立記念日

アメリカを非常に誇りに思うアメリカ人が過去最低(世論調査)

People Who Are 'Extremely Proud' Americans at Record Low This July 4: Poll

2022年7月5日(火)18時42分
ジョン・ジャクソン

独立記念日のパレードへの銃撃後、通りに残された星条旗柄の毛布(7月4日、シカゴ郊外) Cheney Orr- REUTERS

<繰り返される銃乱射事件や中絶を禁止する風潮など、アメリカがどこかおかしい。アメリカ人自身もそう思い始めている>

2022年7月4 日の独立記念日を前に実施された調査で、アメリカ人であることを「きわめて誇りに思う(extremely proud)」と回答した人の割合が史上最低を記録した。

調査会社ギャラップが6月29日に発表した世論調査結果では、アメリカ人であることを「きわめて誇りに思う」と回答した人はアメリカの成人の38%で、ギャラップが国民の誇りに関する調査を始めた2001年以降では最低の数字となった。また、アメリカ人であることを「とても誇りに思う(very proud)」と回答した人は27%、「ある程度、誇りに思う(moderately proud)」と回答した人は22%だった。一方、「少しだけ(only a little)誇りに思う」と回答した人は9%、「まったく誇りに思わない(not at all)」は4%だった。

「アメリカはおかしい」自覚の表れ?

アメリカ人の多くは現在、さまざまな問題に心を乱されている。今も消えない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への不安に加えて、40年ぶりの高水準となったインフレ率。また今回の世論調査は、子ども19人を含む合計31人の死者を出したニューヨーク州バッファローとテキサス州ユバルディの銃乱射事件から間もない時期に実施されたことから、調査結果がそうした最近の事件の影響を受けている可能性もあるギャラップはいう。

ただし、今回の調査結果がまとめられたのは、人工妊娠中絶に関して米連邦最高裁が判断を下す前のこと。調査がもう少しあとに実施されていたら、6月中旬に超党派で合意に達した銃規制法案とともに、最高裁の判断が調査結果にさらなる影響を与えた可能性がある、とギャラップは述べている(注:さらに独立記念日当日には、シカゴ郊外でお祝いのパレードを狙った銃撃事件が発生、6人が死亡、多数が負傷した)。

ギャラップの調査において、アメリカ人であることを「きわめて誇りに思う」と回答した人がこれまでで最も少なかったのは2020年で、42%だった。ただし、今回の「きわめて誇りに思う」の38%に、「とても誇りに思う」の27%を加えると合計65%になり、2020年の割合を2ポイント上回る。

とはいえギャラップによれば、この調査の長期的な平均値は「きわめて誇りに思う」が55%、「きわめて/とても誇りに思う」の合計が80%で、今回の結果はそれをはるかに下回っている。「2015年以前は、じつに55%の米国の成人が、きわめて誇りに思うと回答していた」ともギャラップは指摘しする。それが2018年までに過半数を割り始め、いまや、10年前の割合をおよそ20ポイント下回っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、新宇宙ステーションの模型公開 単独で宇宙開

ビジネス

独ガス料金賦課金制度、導入なければエネルギー市場崩

ワールド

スーチー氏、汚職罪で禁錮6年 ミャンマー裁判所が判

ビジネス

独ガス料金、1家計当たり年間約500ユーロ増に 賦

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 3

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 10

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月