最新記事

映画

人類の終わりを告げる鮮やかな『猿の惑星』最終章

End of a Journey

2017年10月12日(木)18時40分
デーナ・スティーブンズ

シーザーたちは共存を求めたが人間の攻撃によって最後の戦いに立ち上がる (c)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

<『猿の惑星』の新3部作を締めくくる『聖戦記』は最高の出来栄え。人類の存在意義を痛烈に問い掛ける>

悲しいかな、人類の文明社会は終えんに向かっているようだ。現実にも、映画の世界でも。かつての大ヒット作『猿の惑星』の新3部作を締めくくる『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』では、人類が自己破壊の道の終点まで突っ走る。

終末が近いのは本作が始まる前から明らかだった。14年公開の前作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』で、「猿インフルエンザ」によって人間は絶滅の危機に瀕する一方、高い知能を身に付けた猿には第2世代が生まれており、人類を滅亡させる脅威となっていたからだ。

愚かにも、人類は猿との平和的共存を模索せず、全面戦争を選択した。インフルエンザを生き延びた一部の人間はワクチン開発に取り組み、猿との共存を図るが、カリスマ性のある狂信的な男が部隊を率いて平和に暮らす猿たちを襲撃。収容所に押し込めて水や食事もろくに与えず、働かせ、虐待する。これは未来の寓話ではなく、かつて実際に起きたことだと誰もが思うだろう。

新3部作の第1作『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の公開は11年。以来、このスリリングで奥の深いシリーズを見続けてきた観客は、主人公が気高い指導者であることに気付いている。類人猿の中で最も知能が発達したチンパンジーのシーザーだ(演じるのはモーションキャプチャーでCGキャラクターになり切る役者の第一人者で、『ロード・オブ・ザ・リング』のゴラム役でも有名なアンディ・サーキス)。

シーザーの献身と教育のおかげで、猿たちは仕草も交えた人間並みの会話能力や、複雑な社会組織を手に入れる。しかしシーザーは『新世紀』で賢明さとストイックさを失い、高慢さと復讐心が頭をもたげてトラブルを招く。『創世記』では猿と人間のはざまでアイデンティティーに苦悩する指導者だったが、ついにシェークスピア劇さながらの清濁併せのむ王に変身した。

新しいヒーロー像の誕生

本作でのシーザーは毛に白いものが交じる円熟した家父長だ。彼が率いるコミュニティーは人間からの脅威を受けつつも第1作からの「猿、一緒、強い」という理念の下に暮らしている。しかし人間の手先となり、人間のために働き、収容所の看守となる猿もいる。

人間の激しい攻撃によって平和な集落が大きな被害を受け、猿たちは安全な場所に移ることにする。しかしシーザーとその仲間は出発直後に集団から離れ、兵士たちを率いる残忍な人間のリーダーを追跡する。

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は5日ぶり大幅反発、米税制改革への期

ビジネス

中国全国の新築住宅価格、11月は前月比+0.3%

ビジネス

米共和党指導部、税制改革法案の週内可決・成立に自信

ビジネス

中国の中央経済工作会議、18日開幕=新華社

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月