最新記事

北朝鮮問題

習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦なのか?

2017年5月15日(月)11時55分
遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)

痛恨の判断ミスを犯した?中国の習近平国家主席 Jason Lee-REUTERS

一帯一路国際サミットに招待を受けて参加している北朝鮮が、なぜその初日にミサイル発射などをしたのか?習近平は思い切り顔に泥を塗られた形だ。サミット後に北朝鮮に見切りをつけるのか?そうすべきだ。

習近平、最大の判断ミス

(以下、敬称を全て省略する。)

5月14日から北京で開催されている一帯一路(陸と海の新シルクロード)国際サミットに北朝鮮代表を参加させることによって、中国は北朝鮮を改革開放の道へといざない、何としても対話の道を選びたかった。というより、「中国は北朝鮮に対話の道を選ばせることに成功した」ということを、世界に見せたかったものと推測する。

中国は今般の一帯一路国際サミットを中華人民共和国誕生以来、最大の事業と位置付けてきた。中央テレビ局CCTVは毎日そのように呼び掛け、連日「一帯一路特集」を報道してきた。

トランプがTPP撤退を宣言して以来、中国こそがグローバル経済のトップリーダーと自らを位置づけ、これで「中華民族の偉大なる復興」が達成され、「中国の夢」が叶うと意気込んできたのである。

そのために自信過剰になっていたのかもしれない。

4月中に核実験をしようとした北朝鮮に、「もし実行したら国境線を封鎖する」とまで脅して核実験を思いとどまらせた。

トランプも、「条件が整えば、会ってもいい」というニュアンスの発言をしていた。

韓国には親北の文在寅政権が誕生する見込みも確信へと変わっていった。

条件がすべてそろったと判断した中国は、北朝鮮をグローバル経済のトップを走る(と中国が位置づけている)一帯一路国際サミットに招待。北朝鮮もそれに応えた。

しかし残念ながら、金正恩という人間は、習近平の期待に応えるような人物ではなかったことが、これで十分に判明しただろう。

こともあろうに、習近平が待ちに待った「晴れの舞台」のその日に合わせて、ミサイルを発射したのだから。これ以上の恥はないだろうというほどの、最高レベルの恥のかかせ方を、金正恩は心得ていたことになる。

習近平の政治人生、最大の判断ミスではなかっただろうか。

いや、驕りであったかもしれない。

対話路線を自ら潰す

しかし、それにしても、これだけの好条件は、金正恩にとってもないほどの、すべての条件が揃い、それを選びさえすれば、北朝鮮にも道は開かれている、おそらく「唯一にして最後のチャンス」だったはずだ。

そのチャンスを、なぜ金正恩は捨てたのか?

いま、何か、「思い知らせてやりたい」とすれば、誰が対象だったのだろう?

ニュース速報

ビジネス

独ダイムラー、メルセデス好調で増益 企業構造を見直

ビジネス

英政府が正式発表、2040年からガソリン・ディーゼ

ワールド

米大統領がレバノンの国境警備を賞賛、支援継続を約束

ワールド

トランプ氏「時がたてば分かる」、セッションズ司法長

MAGAZINE

特集:「イスラム国」の子供たち

2017-8・ 1号(7/25発売)

過激なイデオロギーに感化された子供たちや帰還兵によってより潜在化するテロ組織ISISの恐怖

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉えた初お辞儀

  • 4

    韓国でスープになる直前の犬を救出 ベトナムでは犬…

  • 5

    「ジハードって楽しそうだ」ISIS崩壊後、洗脳された…

  • 6

    株価はいつ暴落するのか

  • 7

    「日本に移民は不要、人口減少を恐れるな」水野和夫…

  • 8

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 9

    イバンカ・トランプ夫妻、「無給の政府職員」なのに3…

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    シャーロット王女は「公務のプロ」 監視カメラが捉…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 7

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 8

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 9

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 10

    北の最高指導者が暗殺されない理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月