最新記事

インドネシア

インドネシア・ジャカルタ知事選、宗教と生活困難が投票を左右

2017年4月20日(木)15時30分
大塚智彦(PanAsiaNews)

"イスラム教徒代表"を自任し、イスラム教徒に結集を呼び掛けて勝ったアニス(中央) Beawiharta-REUTERS

<多宗教を認める「多様性の中の統一」を国是とし、寛容と協調の精神に基づく民主国家を標榜してきたインドネシアで、人口の9割を占めるイスラム教徒の結集を呼び掛ける候補がジャカルタ州知事選に勝利した。インドネシア民主主義は巻き戻すのか>

インドネシアの首都ジャカルタを擁するジャカルタ特別州の次の5年間の首長を決める知事選の決選投票が19日行われ、複数の民間の調査機関による開票速報でアニス・バスウェダン前教育・文化相が現職のバスキ・チャハヤ・プルナマ(通称アホック)知事を抑えて初当選することになった。

【参考記事】インドネシア民主主義の試金石となるか  注目のジャカルタ州知事選が15日投票

2月15日の1回目投票で過半数を確保した候補者がいなかったことから上位2候補によって争われた今回の決選投票だが、1回目でトップとなったアホック候補は前回とほぼ同じ42%前後の得票だったものの、アニス候補は3位で敗退したアグス候補の17%を前回の40%に加算した50%後半の得票で勝利した。選挙管理委員会(KPU)によると投票率は1回目と同様の77%前後で、最終的な得票数は数日後に確定される。

今回の知事選では単なる政治手腕、実績に加えて、アホック知事が選挙期間中に「イスラム教徒を冒涜する発言」があったとイスラム急進派が攻撃する事態に発展。「イスラム教徒は非イスラムの指導者には従えない」「アホック候補支持者への攻撃は許される」など急進派の「言いがかり的攻撃」があった。アホック知事は「宗教冒涜罪容疑」で裁判の被告となるなど、選挙戦は宗教論争に発展し苦しい選挙戦を強いられた。

【参考記事】サウジ国王御一行様、インドネシアの「特需」は70億ドル超

アホック候補は「イスラムを尊重している」と再三繰り返したが、"イスラム教徒代表"を自任するアニス候補はイスラム寺院「モスク」への訪問とイスラム教徒の結集を訴えてイスラム教団体やイスラム指導者らの支持を取り付け、じわじわと共感を広げていった。選挙戦後半にはジョコ・ウィドド大統領やユスフ・カラ副大統領、両候補がそろって「選挙の争点は宗教ではない」「宗教や人種、出身地で候補を選んではいけない」と宗教色の一掃をマスコミを通じてアピール。治安当局も投票日に6万人を動員してイスラム急進派の動きを警戒する事態となった。

社会不安を煽る宗教

アホック知事は人口の圧倒的多数を占めるイスラム教徒ではなく、ジャカルタ以外の地方出身の中国系インドネシア人であることから、インドネシアのタブーとされる「SARA(宗教・民族・人種・階層)」に選挙の争点が移るとインドネシア全体の社会不安を煽る可能性があるとして、大統領以下が一斉に火消しに回ることになった。

【参考記事】インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

「宗教色を排除しようという動きが逆に宗教を強く意識させる結果となった」(地元紙記者)ことと、アニス候補が公約として掲げた「頭金ゼロで住宅建設を促進」など"実現の可能性が疑問視"されるような貧困層へのアピールが最終的に広範な支持を集めたと分析されている。

ジャカルタ州の住民の多数が「模範的なイスラム教徒で自宅を所有できるという夢を託せる候補」としてアニス候補を選択したといえる。

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 8

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 10

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月