最新記事

米中関係

肩透かしに終わった米中「巨頭」会談

Much Ado About Nothing?

2017年4月20日(木)10時30分
J・バークシャー・ミラー(本誌コラムニスト、米外交問題評議会研究員)

始めてトランプ(左)と会った習は終始笑みを浮かべていたが Carlos Barria-REUTERS

<注目されたトランプと習近平の初首脳会談だが、シリア爆撃の影響もあり目立った話題はなし?>

肩透かしに終わった――。今月初めにフロリダ州で行われた、ドナルド・トランプ米大統領と中国の習近平(シー・チーピン)国家主席の初会談をひとことで表現すると、そうなるだろう。トランプはかねて中国を刺激する発言を繰り返してきただけに、習との「初顔合わせ」に世界中が注目していた。

ところが習が到着したその日に、アメリカはシリアを爆撃。世界の目は一気にそちらに移ってしまった。だが、米中関係とは無関係に見えるシリア爆撃は、結果的にトランプ政権から中国(と世界)に明確なメッセージを送ることになった。

トランプと共にフロリダ入りしていたレックス・ティラーソン米国務長官は、シリア爆撃は、アメリカが化学兵器使用を許さないという世界への「警告」だと語った。つまり必要とあらば、トランプ政権は武力行使をいとわないという意思表示だ。そこに北朝鮮を牽制する意図があるのは間違いない。

だが、シリア爆撃はトランプとの初会談を意義深いものにして、その成果を中国国内にうまくアピールしたかった習の意気込みも打ち砕いた。

【参考記事】習近平は笑っているべきではなかった――米国務長官、シリア攻撃は北への警告

トランプがホワイトハウスやキャンプデービッドではなく、フロリダ州パームビーチの別荘に外国首脳を招くことについては、アメリカ国内で大いに批判されてきた。だが習との会談に関しては、必ずしも悪いことではなかったようだ。中国で汚職追放運動を進めてきた習を居心地の悪い立場に置いたのだから。

実際、トランプの豪邸マールアラーゴは、中国側にとって理想の会談場所とはいえなかった。習はこれまで「質素な愛国者」というイメージを打ち出してきたのに、きらびやかな邸宅でくつろぐ写真が配信されるのはまずい。習の側近は、習とトランプがゴルフをする案を却下したとされる。

だが、米中貿易に関するトランプのタフな発言と、朝鮮半島の不安定な情勢を考えると、習としてはこの首脳会談を何とか実現させたかった。そのためには、会場の設定など細かな部分で中国側の要望が通らないのは我慢しなければならない。

そんな習に対して、トランプは硬軟織り交ぜた対応を見せた。空港への出迎えはティラーソンに任せ、メディアの前でも当初は、習が満面の笑みを見せたのに対して、トランプはよそよそしく見えた。それでも夕食会に入ると会話が弾み、最終的には、習と「とてもいい友達になった」とトランプは評し、その関係は「最高だ」と語った。

だが、中身はなかった。会談前は、中国が北朝鮮にもっと圧力をかけて行動を自重させるべきだと、トランプが習に厳しく要求するとみられていたが、それらしい話はなかったようだ。海洋安全保障の領域でも、突っ込んだ話し合いはなかったらしい(ただしトランプは、中国による南シナ海の軍事化と東シナ海の不安定化に不満を表明したとされる)。

ニュース速報

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

ビジネス

景気拡大継続へ、弱い基調インフレで緩和は当面維持=

ワールド

英高層公営住宅の火災、火元は米ホットポイント製冷蔵

ワールド

アングル:海自の護衛艦いずも、九段線に接近 レーダ

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選が試金石に

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 8

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 9

    アマゾンのホールフーズ買収は止めるべきか

  • 10

    気になるCMを連発、旅行サイト「トリバゴ」の意外な…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月