最新記事

米中関係

肩透かしに終わった米中「巨頭」会談

Much Ado About Nothing?

2017年4月20日(木)10時30分
J・バークシャー・ミラー(本誌コラムニスト、米外交問題評議会研究員)

始めてトランプ(左)と会った習は終始笑みを浮かべていたが Carlos Barria-REUTERS

<注目されたトランプと習近平の初首脳会談だが、シリア爆撃の影響もあり目立った話題はなし?>

肩透かしに終わった――。今月初めにフロリダ州で行われた、ドナルド・トランプ米大統領と中国の習近平(シー・チーピン)国家主席の初会談をひとことで表現すると、そうなるだろう。トランプはかねて中国を刺激する発言を繰り返してきただけに、習との「初顔合わせ」に世界中が注目していた。

ところが習が到着したその日に、アメリカはシリアを爆撃。世界の目は一気にそちらに移ってしまった。だが、米中関係とは無関係に見えるシリア爆撃は、結果的にトランプ政権から中国(と世界)に明確なメッセージを送ることになった。

トランプと共にフロリダ入りしていたレックス・ティラーソン米国務長官は、シリア爆撃は、アメリカが化学兵器使用を許さないという世界への「警告」だと語った。つまり必要とあらば、トランプ政権は武力行使をいとわないという意思表示だ。そこに北朝鮮を牽制する意図があるのは間違いない。

だが、シリア爆撃はトランプとの初会談を意義深いものにして、その成果を中国国内にうまくアピールしたかった習の意気込みも打ち砕いた。

【参考記事】習近平は笑っているべきではなかった――米国務長官、シリア攻撃は北への警告

トランプがホワイトハウスやキャンプデービッドではなく、フロリダ州パームビーチの別荘に外国首脳を招くことについては、アメリカ国内で大いに批判されてきた。だが習との会談に関しては、必ずしも悪いことではなかったようだ。中国で汚職追放運動を進めてきた習を居心地の悪い立場に置いたのだから。

実際、トランプの豪邸マールアラーゴは、中国側にとって理想の会談場所とはいえなかった。習はこれまで「質素な愛国者」というイメージを打ち出してきたのに、きらびやかな邸宅でくつろぐ写真が配信されるのはまずい。習の側近は、習とトランプがゴルフをする案を却下したとされる。

だが、米中貿易に関するトランプのタフな発言と、朝鮮半島の不安定な情勢を考えると、習としてはこの首脳会談を何とか実現させたかった。そのためには、会場の設定など細かな部分で中国側の要望が通らないのは我慢しなければならない。

そんな習に対して、トランプは硬軟織り交ぜた対応を見せた。空港への出迎えはティラーソンに任せ、メディアの前でも当初は、習が満面の笑みを見せたのに対して、トランプはよそよそしく見えた。それでも夕食会に入ると会話が弾み、最終的には、習と「とてもいい友達になった」とトランプは評し、その関係は「最高だ」と語った。

だが、中身はなかった。会談前は、中国が北朝鮮にもっと圧力をかけて行動を自重させるべきだと、トランプが習に厳しく要求するとみられていたが、それらしい話はなかったようだ。海洋安全保障の領域でも、突っ込んだ話し合いはなかったらしい(ただしトランプは、中国による南シナ海の軍事化と東シナ海の不安定化に不満を表明したとされる)。

ニュース速報

ビジネス

「現地現物」で再発防止、安心・安全確保を=神鋼不正

ビジネス

トランプ氏、次期FRB議長人事は「間もなく決断」

ビジネス

人口・企業減下の金融機関の競争激化、経営不安定化の

ワールド

APECでの米ロ首脳会談、現時点で予定されず=ロシ

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月