最新記事

スポーツカー

ランボルギーニ・アヴェンタドールが魅せた最新4WSの実力

2017年4月14日(金)15時20分
青木雄介  ※Pen Onlineより転載

空力特性において意味のないデザインはひとつとしてない、無駄のないフォルム。サスペンションは磁気粘性サスペンションを採用。4つの走行モードに応じてセッティングを変化させます。

昨年12月に発表されたランボルギーニのフラッグシップ、アヴェンタドールSの試乗会でオーストラリアのフィリップアイランド・サーキットへ行ってきました。メルボルン市内から100kmあまり離れたこのサーキットへの送迎はヘリコプターという、ランボルギーニの"さりげなさ"には度肝を抜かれましたが、新しいアヴェンタドールSの走行性能はその驚きの上をいくものでした。

【参考記事】アロマ豊かな「ソーヴィニヨン・ブラン」に出合う、カリフォルニアワインの旅。【前編】


まずデザインはノーズからルーフ、リアまで美しい流線をえがく近年のランボルギーニの基本フォーマットを踏襲しながらも、フロントフェイスはより攻撃的に、かつ空力性能を大幅に高めています。フロントスポイラーとリアディフューザーの形状変更や3つの形態変化を行うリアウィングの効果により、先代モデルに比して130%ものダウンフォースを得る結果に! エアダクトやリヤのホイールアーチの形状を往年のカウンタックから着想しているということですが、全体的に見てもランボルギーニのランボルギーニ化という核心がより鮮明に打ち出されている印象です。誰が見たってランボルギーニ。ウラカンと並べるとその威容はさらに増します。

【参考記事】アロマ豊かな「ソーヴィニヨン・ブラン」に出合う、カリフォルニアワインの旅。【後編】

エンジンは6.5リッターの自然吸気によるV12気筒エンジンで740馬力をはじき出します。このパワーを制御し、操舵するのがランボルギーニとして初採用された4輪操舵システムです。速度とフロントのステアリング角度に応じて、リアホイールも操舵されることで低速、高速を問わずコーナーで抜群の安定性を誇ります。試乗した日はあいにくの雨模様でしたが、何の不安もなくコーナーに飛び込めたのはひとえにこの4輪操舵システムのおかげと言えるでしょう。80年代に開発され、一時は見向きもされなくなった自動車技術がこうやって復活しているのには、ようやくテクノロジーの進化がランボルギーニの認める水準まであがってきたことを示しています。

Lamborghini_PhillipIsland_02.jpg

搭載される6.5リッターV12型自然吸気エンジンは最大8,500rpmまで回ります。

ニュース速報

ビジネス

神戸鋼、社内調査後も不正継続 20日午後に発表へ=

ビジネス

米上院、18年度予算決議案を可決 税制改革へ前進

ビジネス

EU首脳、ネット企業への課税で来年初頭の提案取りま

ワールド

米空母が日本海で韓国軍と合同演習、北朝鮮に圧力

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月