最新記事

自動車

米自動車大手2社の駄目っぷりでテスラの株が急上昇

WHY TESLA'S STOCK IS IN LUDICROUS MODE

2017年4月21日(金)18時00分
ダニエル・グロス(ビジネスジャーナリスト)

テスラへの高い評価は2大メーカーに対する評価の低さの裏返しだ Justin Sullivan/GETTY IMAGES

<GMとフォードを待つ「将来性なし」の烙印。米自動車業界は「大量生産・大量在庫」からの脱却を急げ>

電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズの株が急上昇している。

生産台数は1週間に数千台、手頃な価格での量産能力をまだ実証できず、赤字を連発、経営者は他のベンチャービジネスにも手を出している――そんな企業が株式時価総額(約480億ドル)でフォードを抜き、さらにGMも抜いて首位に躍り出た。GMもフォードも売り上げはテスラの20倍近く、巨額の利益を上げているだけに、なおさら衝撃的だ。

高騰するテスラ株は「買い」なのか。多くのベテラン観測筋は懐疑的だが、彼らは1つ見落としている。テスラが時価総額でGMとフォードを抜いたのは、単にテスラの評価が財務規模の割に非常に高いからではない。GMとフォードの評価が財務規模の割に低過ぎるせいでもある。

投資家はテスラの話には乗るがGMやフォードの話には乗りたがらず、予想される株価収益率(PER)は共に6倍前後。両社は深刻な危機に陥って10年近く過ぎた今も、危機を招いた「重荷」を引きずっている。広範な購買層をターゲットにしているため、テスラが費用をかけないような部分に大金を使っているのだ。

【参考記事】テスラが描くエネルギー新世界

最近は業種や規模に関係なく、どの企業も技術と市場力学の知識を使って、需要に応じて必要最小限の製品を生産し、売れた分だけ在庫を迅速に補充している。さもないと資本を無駄に固定し、過剰在庫で利益がふいになりかねない。テスラは生産したそばから販売し、未生産の車両何十万台分もの予約金を受け取っている。いわば顧客が製造費を出しているようなものだ。

一方、3月末時点でGMの在庫は92万6170台(98日分)、フォードの在庫は70万1801台(80日分)だった。何百億ドルもの資本が数カ月間固定されるわけだ。

巨額の広告費も負担に

大量に在庫があって売り上げが予想以上に低迷していれば、車の販売価格を大幅に下げて在庫をさばく必要があり、やはり利益に影響する。3月のインセンティブ(販売報奨金)はGMが平均取引価格の13.5%、フォードの平均インセンティブは前年から1800ドル増加した。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本側の勇気ある姿勢必要」

  • 4

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 5

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    雇用が回復しても賃金が上がらない理由

  • 9

    朴大統領の人事介入から口裂け女まで 検閲だらけの…

  • 10

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月