最新記事

軍事

日米韓ミサイル防衛演習で北朝鮮、中国を牽制

Japan, South Korea, and U.S. Begin Drills off North Korea

2017年3月15日(水)19時00分
エミリー・タムキン

韓国・浦項の米韓合同演習で、上陸作戦の訓練を行う韓国海軍部隊(2014年2月) Kim Hong-Ji-REUTERS

<北朝鮮のミサイル発射で緊張が高まる東アジアで日米韓が合同演習。日本は今までより大きな役割を果たす。南シナ海にも、海上自衛隊が最大級の護衛艦「いずも」を派遣>

日本とアメリカ、韓国の3カ国は14日から2日間の予定で日韓両国の近海で弾道ミサイル防衛の合同訓練を開始した。15日からはレックス・ティラーソン米国務長官が就任後初のアジア外遊を行う。

弾道ミサイル防衛システムを搭載した3隻のイージス艦が参加する合同演習は、6日に北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したのを受けたもの。先週は、米軍が配備を進めるTHAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)の一部装備も韓国に搬入された。

【参考記事】韓国へTHAAD発射台が到着 中国の反発必至

THAADの搬入と合同演習に中国と北朝鮮は激しく反発し、非難する声明を発表した。その最中に日本と韓国、中国を訪れることになったティラーソンには、いっそう大きな注目が集まっている。

日本もより大きな役割を担う

中国外務省の報道官は14日、北朝鮮と日米韓の双方を批判した。「北朝鮮は過去の国連安保理決議に違反して核開発を進めると主張し、アメリカと韓国と日本は大規模な軍事演習を実施している」

「(合同演習は)悪循環で地域の緊張状態を高める。どの国も得をしない」

【参考記事】一隻の米イージス艦の出現で進退極まった中国

北朝鮮も国営通信を通じて非難声明を発表し、主権が侵害されれば「容赦なく、超高精度の攻撃」を仕掛けると威嚇した。

今回の合同演習は、3カ国のイージス艦が共同でミサイルを探知して迎撃能力を強化するという戦術的な協力の側面だけでなく、ともにアメリカの同盟国でありながら日頃は仲が悪い日韓両国が歩み寄る姿を内外に示す狙いもある。

日本の海上自衛隊が、同海域でより大きな役割を果たしていくうえでもこの合同演習は不可欠だ。

日本政府は、海自最大級の護衛艦「いずも」を5月から3カ月間、周辺国が領有権を争う南シナ海とインド洋に派遣する。7月にインド洋でアメリカとインドが実施する共同訓練に参加するまで、約2カ月間は南シナ海に留まるという。日本は南シナ海に対する領有権を主張していないが、航行の自由は守りたい立場を示してきた(恐らく日中両国が領有権を争う島がある東シナ海をめぐり、中国を牽制する狙いもあるだろう)。

【参考記事】中国を牽制したい米国の切り札は「 同盟国」のインド

中国外務省は、日本の艦船による「通常の航行」は問題ないとしつつ、釘を刺した。「もし別の意図で南シナ海を航行するのなら話は別だ」

ニュース速報

ワールド

韓国、対空ミサイルの実射訓練に成功

ワールド

金正恩氏、最先端兵器を「より多く製造へ」 科学者ら

ビジネス

長期金利想定、過去最低に並ぶ1.1%で調整=18年

ワールド

原油先物が上昇、米原油在庫は予想以上の取り崩し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月