最新記事

軍事

日米韓ミサイル防衛演習で北朝鮮、中国を牽制

Japan, South Korea, and U.S. Begin Drills off North Korea

2017年3月15日(水)19時00分
エミリー・タムキン

韓国・浦項の米韓合同演習で、上陸作戦の訓練を行う韓国海軍部隊(2014年2月) Kim Hong-Ji-REUTERS

<北朝鮮のミサイル発射で緊張が高まる東アジアで日米韓が合同演習。日本は今までより大きな役割を果たす。南シナ海にも、海上自衛隊が最大級の護衛艦「いずも」を派遣>

日本とアメリカ、韓国の3カ国は14日から2日間の予定で日韓両国の近海で弾道ミサイル防衛の合同訓練を開始した。15日からはレックス・ティラーソン米国務長官が就任後初のアジア外遊を行う。

弾道ミサイル防衛システムを搭載した3隻のイージス艦が参加する合同演習は、6日に北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したのを受けたもの。先週は、米軍が配備を進めるTHAAD(高高度迎撃ミサイルシステム)の一部装備も韓国に搬入された。

【参考記事】韓国へTHAAD発射台が到着 中国の反発必至

THAADの搬入と合同演習に中国と北朝鮮は激しく反発し、非難する声明を発表した。その最中に日本と韓国、中国を訪れることになったティラーソンには、いっそう大きな注目が集まっている。

日本もより大きな役割を担う

中国外務省の報道官は14日、北朝鮮と日米韓の双方を批判した。「北朝鮮は過去の国連安保理決議に違反して核開発を進めると主張し、アメリカと韓国と日本は大規模な軍事演習を実施している」

「(合同演習は)悪循環で地域の緊張状態を高める。どの国も得をしない」

【参考記事】一隻の米イージス艦の出現で進退極まった中国

北朝鮮も国営通信を通じて非難声明を発表し、主権が侵害されれば「容赦なく、超高精度の攻撃」を仕掛けると威嚇した。

今回の合同演習は、3カ国のイージス艦が共同でミサイルを探知して迎撃能力を強化するという戦術的な協力の側面だけでなく、ともにアメリカの同盟国でありながら日頃は仲が悪い日韓両国が歩み寄る姿を内外に示す狙いもある。

日本の海上自衛隊が、同海域でより大きな役割を果たしていくうえでもこの合同演習は不可欠だ。

日本政府は、海自最大級の護衛艦「いずも」を5月から3カ月間、周辺国が領有権を争う南シナ海とインド洋に派遣する。7月にインド洋でアメリカとインドが実施する共同訓練に参加するまで、約2カ月間は南シナ海に留まるという。日本は南シナ海に対する領有権を主張していないが、航行の自由は守りたい立場を示してきた(恐らく日中両国が領有権を争う島がある東シナ海をめぐり、中国を牽制する狙いもあるだろう)。

【参考記事】中国を牽制したい米国の切り札は「 同盟国」のインド

中国外務省は、日本の艦船による「通常の航行」は問題ないとしつつ、釘を刺した。「もし別の意図で南シナ海を航行するのなら話は別だ」

ニュース速報

ワールド

印首相への貿易・投資分野での対応要請、米議員がトラ

ワールド

フィリピン特使、南部のIS系勢力と会談

ビジネス

タカタ会長は事業譲渡後に辞任、負債総額は再生手続き

ビジネス

タカタが民事再生法適用を申請、KSS・自動車各社が

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 9

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月