最新記事

アカデミー賞

アカデミー賞逆転劇、スターたちの粋なリアクション

The Best Reactions to Oscars Best Picture Mix-Up

2017年2月28日(火)18時30分
トゥファイル・アフメド

ウソのような逆転劇に会場は騒然となった Oscar 2017 / Newsweek

<作品賞の誤発表という異例の事態。前代未聞のアクシデントに、居並ぶセレブたちが考えたことの1つは「この間違いが大統領選で起こったのならよかったのに」だった>

【参考記事】オスカー作品賞「誤」発表の大トラブル、その時何が起こったか

まず目玉ともいえる作品賞の発表で、プレゼンターの女優、フェイ・ダナウェイが本来の受賞作品ではない『ラ・ラ・ランド』を最優秀賞としてコールしたのだ。実際の作品賞はバリー・ジェンキンス監督、ブラット・ピットが製作総指揮を執った『ムーンライト』。間違いが判明した瞬間、会場は混乱と当惑に包まれた。




ビリー・クリスタル/Billy Crystal(俳優)
これが大統領選なら良かったのに。




セス・マクファーレン/Seth MacFarlane(俳優)
原因はわかっている。アカデミー賞の数百万人の不法会員が投票したのさ。




クリストファー・マーフィー/Christopher Murphey(民主党上院議員)
私には夢がある。
#Oscar授賞式の出来事が選挙の夜に起こってくれたら...という夢が。




ワンダ・サイクス/Wanda Sykes(コメディエンヌ)
高齢のプレゼンターを責めてはだめ。彼らはウォーレン・ベイティに間違った封筒を渡した。それはプーチンだったかも。


これに似たようなアクシデントは2015年のミス・ユニバース大会でも起こっている。司会を務めたコメディアンのスティーブ・ハーヴェイが誤って優勝者を発表した。この事件にひかっけた反応も多かった。




ミス・ユニバース公式アカウント
私たちに電話して。
どうしたらいいか知っているから。




オーランド・ジョーンズ/Orlando Jones(俳優)
スティーブ・ハーヴェイの最優秀モノマネ賞はウォーレン・ベイティに贈る。




ジミー・キンメル(アカデミー賞の司会をしたコメディアン)
個人的にはスティーブ・ハーヴェイのせいだと思うね。

ニュース速報

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 8

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月