最新記事

映画

アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

Outrageous Oscar Snubs

2017年2月27日(月)16時24分
スタブ・ジブ

昨年初めてオスカーを手にしたディカプリオ Mario Anzuoni--REUTERS

<何度もノミネートされ、受賞確実とされながら、そのたびに選にもれる不運な人たち>

第89回アカデミー賞では、最有力候補と見られたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が作品賞を逃すというサプライズがあった。アカデミー賞の歴史には、こうした逆転劇が少なくない。今度こそと言われながら何度も賞を逃している俳優や監督も多い。振り返ってみると、ことごとく強敵とぶつかって敗れる不幸な例も。

『ラ・ラ・ランド』の色鮮やかな魔法にかけられて

■レオナルド・ディカプリオ

ディカプリオが昨年まで「アカデミー無冠」だったのは有名な話。昨年の『レヴェナント 蘇りし者』でオスカーを受賞するまでの実に22年間、何度も煮え湯を飲まさた。1994年の『ギルバート・グレイプ』(助演男優賞)に始まり、映画史に残る大ヒット作『タイタニック』、『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と次々に落とした末の受賞だ。

■ピーター・オトゥール

なぜかスルーされてしまった俳優の筆頭格。部隊出身の名優おトゥールは『アラビアのロレンス』で主演男優賞にノミネートされたが、グレゴリー・ペックの『アラバマ物語』に敗れる。1960年~2007年の間にさらに8回、主演男優賞候補にノミネートされたが、2003年に名誉賞を授与された以外、一度もオスカーを獲ることなく2013年、この世を去った。

■ジュディ・ガーランド

『オズの魔法使い』のドロシーを演じた名子役として有名。だがこの役では1940年に特別賞や子役賞で小さいサイズのオスカーをもらっただけで、フルサイズのオスカーはもらえなかった。その後『スタア誕生』や『ニュールンベルグ裁判』でもノミネートされたが、『喝采』のグレイス・ケリーや「ウエストサイド・ストーリー」のリタ・モレノに賞を奪われた。

■アルフレッド・ヒッチコック

伝説的な映画監督ヒッチコックは、『レベッカ』、『救命艇』、『白い恐怖』、『裏窓』、『サイコ』で5度、監督賞にノミネートされたが、受賞は一度もなかった。賞に近づくたびに、『波止場』のエリア・カザン、『失われた週末』と『アパートの鍵貸します』のビリー・ワイルダーなどの強敵に出し抜かれた。ヒッチコックは最後に、映画界に貢献した映画監督に与えられるアカデミー賞、アービング・G・タルバーグ賞を受賞したが、残念賞止まりで終わった。

■グレン・クローズ

その演技力で6回、ノミネートされている。『ガープの世界』『再開の時』『ザ・ナチュラル』で助演女優賞候補、『危険な情事』『危険な関係』『アルバート氏の人生』で主演女優賞候補になったが、オスカーは一度も手にしていない。

ニュース速報

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

欧州委、オランダで家具小売イケアの税制措置を調査へ

ワールド

トランプ大統領、安保戦略で「中国とロシアは競争相手

ビジネス

欧州銀のM&A、仏銀が積極的な役割果たすべき=中銀

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    世界の「日本人ジョーク」に表れる、安倍首相の際立った存在感

  • 3

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 4

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 5

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 8

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月