最新記事

映画

アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

Outrageous Oscar Snubs

2017年2月27日(月)16時24分
スタブ・ジブ

昨年初めてオスカーを手にしたディカプリオ Mario Anzuoni--REUTERS

<何度もノミネートされ、受賞確実とされながら、そのたびに選にもれる不運な人たち>

第89回アカデミー賞では、最有力候補と見られたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が作品賞を逃すというサプライズがあった。アカデミー賞の歴史には、こうした逆転劇が少なくない。今度こそと言われながら何度も賞を逃している俳優や監督も多い。振り返ってみると、ことごとく強敵とぶつかって敗れる不幸な例も。

『ラ・ラ・ランド』の色鮮やかな魔法にかけられて

■レオナルド・ディカプリオ

ディカプリオが昨年まで「アカデミー無冠」だったのは有名な話。昨年の『レヴェナント 蘇りし者』でオスカーを受賞するまでの実に22年間、何度も煮え湯を飲まさた。1994年の『ギルバート・グレイプ』(助演男優賞)に始まり、映画史に残る大ヒット作『タイタニック』、『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と次々に落とした末の受賞だ。

■ピーター・オトゥール

なぜかスルーされてしまった俳優の筆頭格。部隊出身の名優おトゥールは『アラビアのロレンス』で主演男優賞にノミネートされたが、グレゴリー・ペックの『アラバマ物語』に敗れる。1960年~2007年の間にさらに8回、主演男優賞候補にノミネートされたが、2003年に名誉賞を授与された以外、一度もオスカーを獲ることなく2013年、この世を去った。

■ジュディ・ガーランド

『オズの魔法使い』のドロシーを演じた名子役として有名。だがこの役では1940年に特別賞や子役賞で小さいサイズのオスカーをもらっただけで、フルサイズのオスカーはもらえなかった。その後『スタア誕生』や『ニュールンベルグ裁判』でもノミネートされたが、『喝采』のグレイス・ケリーや「ウエストサイド・ストーリー」のリタ・モレノに賞を奪われた。

■アルフレッド・ヒッチコック

伝説的な映画監督ヒッチコックは、『レベッカ』、『救命艇』、『白い恐怖』、『裏窓』、『サイコ』で5度、監督賞にノミネートされたが、受賞は一度もなかった。賞に近づくたびに、『波止場』のエリア・カザン、『失われた週末』と『アパートの鍵貸します』のビリー・ワイルダーなどの強敵に出し抜かれた。ヒッチコックは最後に、映画界に貢献した映画監督に与えられるアカデミー賞、アービング・G・タルバーグ賞を受賞したが、残念賞止まりで終わった。

■グレン・クローズ

その演技力で6回、ノミネートされている。『ガープの世界』『再開の時』『ザ・ナチュラル』で助演女優賞候補、『危険な情事』『危険な関係』『アルバート氏の人生』で主演女優賞候補になったが、オスカーは一度も手にしていない。

ニュース速報

ビジネス

米ダウ初の2万3000ドル台、ユナイテッドヘルスな

ビジネス

ドル上昇、FRB議長の後任人事巡る思惑で=NY市場

ビジネス

米FRB議長人事発表、11月アジア歴訪前の公算=関

ワールド

マリノ議員、麻薬対策トップ指名を辞退=トランプ米大

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り核で攻撃せず」

  • 4

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 7

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 8

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月