最新記事

映画

アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

Outrageous Oscar Snubs

2017年2月27日(月)16時24分
スタブ・ジブ

昨年初めてオスカーを手にしたディカプリオ Mario Anzuoni--REUTERS

<何度もノミネートされ、受賞確実とされながら、そのたびに選にもれる不運な人たち>

第89回アカデミー賞では、最有力候補と見られたミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が作品賞を逃すというサプライズがあった。アカデミー賞の歴史には、こうした逆転劇が少なくない。今度こそと言われながら何度も賞を逃している俳優や監督も多い。振り返ってみると、ことごとく強敵とぶつかって敗れる不幸な例も。

『ラ・ラ・ランド』の色鮮やかな魔法にかけられて

■レオナルド・ディカプリオ

ディカプリオが昨年まで「アカデミー無冠」だったのは有名な話。昨年の『レヴェナント 蘇りし者』でオスカーを受賞するまでの実に22年間、何度も煮え湯を飲まさた。1994年の『ギルバート・グレイプ』(助演男優賞)に始まり、映画史に残る大ヒット作『タイタニック』、『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』と次々に落とした末の受賞だ。

■ピーター・オトゥール

なぜかスルーされてしまった俳優の筆頭格。部隊出身の名優おトゥールは『アラビアのロレンス』で主演男優賞にノミネートされたが、グレゴリー・ペックの『アラバマ物語』に敗れる。1960年~2007年の間にさらに8回、主演男優賞候補にノミネートされたが、2003年に名誉賞を授与された以外、一度もオスカーを獲ることなく2013年、この世を去った。

■ジュディ・ガーランド

『オズの魔法使い』のドロシーを演じた名子役として有名。だがこの役では1940年に特別賞や子役賞で小さいサイズのオスカーをもらっただけで、フルサイズのオスカーはもらえなかった。その後『スタア誕生』や『ニュールンベルグ裁判』でもノミネートされたが、『喝采』のグレイス・ケリーや「ウエストサイド・ストーリー」のリタ・モレノに賞を奪われた。

■アルフレッド・ヒッチコック

伝説的な映画監督ヒッチコックは、『レベッカ』、『救命艇』、『白い恐怖』、『裏窓』、『サイコ』で5度、監督賞にノミネートされたが、受賞は一度もなかった。賞に近づくたびに、『波止場』のエリア・カザン、『失われた週末』と『アパートの鍵貸します』のビリー・ワイルダーなどの強敵に出し抜かれた。ヒッチコックは最後に、映画界に貢献した映画監督に与えられるアカデミー賞、アービング・G・タルバーグ賞を受賞したが、残念賞止まりで終わった。

■グレン・クローズ

その演技力で6回、ノミネートされている。『ガープの世界』『再開の時』『ザ・ナチュラル』で助演女優賞候補、『危険な情事』『危険な関係』『アルバート氏の人生』で主演女優賞候補になったが、オスカーは一度も手にしていない。

ニュース速報

ワールド

米養豚業界、メキシコとの貿易紛争回避をトランプ政権

ワールド

米の電子機器持ち込み制限、旅客数への影響小さく=ド

ワールド

仏大統領選、マクロン氏が初回投票から首位と予想=世

ビジネス

エフィッシモ、東芝株を8.14%保有=大量保有報告

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空中爆発か

  • 2

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 3

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心ないんですかね

  • 4

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 5

    韓国セウォル号引き揚げ、沈没事故から1073日目で姿…

  • 6

    3秒ルールは「アリ」、食べ物によっては30分放置もOK

  • 7

    日本政府、捜査対象のブラジル21工場から鶏肉輸入を…

  • 8

    ブラジル産不衛生肉、中国やEUが輸入停止へ

  • 9

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 10

    太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源に変換する…

  • 1

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 2

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

  • 3

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心ないんですかね

  • 4

    来日したティラーソン米国務長官、同行記者1人、影響…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    「日本はWi-Fi後進国、外国人が困っている」に異議あ…

  • 7

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 8

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 9

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかね…

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 4

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 7

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 8

    ISISが中国にテロ予告

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月