最新記事

映画

『ラ・ラ・ランド』の色鮮やかな魔法にかけられて

A Fantasy Called Movie Musical

2017年2月17日(金)10時40分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

ジャズクラブを開くのが夢のセバスチャンと女優を夢見るミアは、何度かの偶然が重なって恋に落ちる © 2017 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. PHOTO CREDIT: EW0001: SEBASTIAN ( RYAN GOSLING) AND MIA (EMMA STONE) IN LA LA LAND. PHOTO COURTESY OF LIONSGATE.

<アカデミー賞最有力候補との呼び声も高い、話題作『ラ・ラ・ランド』の野心と情熱に脱帽>

デイミアン・チャゼル監督の最新作『ラ・ラ・ランド』は、冒頭からエンジン全開だ。

ロサンゼルスの真っ青な空からフリーウエーに目を落とすと、そこは朝の大渋滞。イライラして窓から顔を出す人もいれば、クラクションを鳴らす人もいる。やがて車列の間を滑るように動いていたカメラが、運転席で歌っている女性の横で止まる。

次の瞬間、彼女は車から降りて踊りだす。たちまちいくつもの車からカラフルな衣装の若者が降りてきて、路上で、車の上で、中央分離帯の上で踊りだす。道路はあっという間に、ショービジネスの世界で成功を夢見る若者たちのエネルギッシュな舞台へと変身する。

チャゼルと撮影監督のリヌス・サンドグレンは、このシーンを大胆な長回しで描き出す。もちろんデジタル技術もいくらか使っているが、カットなしで上下左右に流れるようなカメラワークは、まるで古き良きミュージカル映画を見ているよう。「このシーンにワクワクしない人は、次の出口ランプで降りてください」というメッセージが聞こえてきそうな野心的なオープニングだ。

それ以降はオープニングほど大胆な試みはないものの、『ラ・ラ・ランド』では古き良き時代へのノスタルジーと、現代的な味わいが見事に溶け合っている。

【参考記事】オリバー・ストーン監督が描く愛国者スノーデンの裏切り

主人公2人の絶妙な相性

例えば、主人公の寝室には往年の大女優イングリッド・バーグマンの巨大なポスターが貼られている。彼女の恋人が崇拝するのは、ジャズピアニストの巨匠セロニアス・モンクやホーギー・カーマイケルだ。また終盤で観客の胸を打つ美しく悲しいバラードは、ミュージカル映画の傑作『シェルブールの雨傘』を思い起こさせる。

とはいえ、『ラ・ラ・ランド』は決して昔のミュージカル映画を再現したわけではない。たとえチャゼルの独創的なアイデアがオープニングほど絶妙な効果を発揮していないシーンでも、この映画は大胆で、おかしくて、生き生きとしたエネルギーに満ちあふれている。

ミア(エマ・ストーン)は、映画撮影所のカフェで働く女優の卵。いつかスターになることを夢見ながら、本物のスターたちにコーヒーを出している。一方、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)はジャズを愛する場末のピアノ弾きだ。

ある晩、セバスチャンはレギュラー出演していたレストランで、支配人に指示されていない曲を弾いてクビになってしまう(支配人を演じるのは、チャゼルの前作『セッション』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズだ)。

ミアもセバスチャンも頑固な理想主義者で、成功するために妥協するべきかどうか思い悩んでいる。冒頭のフリーウエーで出会った2人は、その後もロサンゼルスのあちこちで偶然出くわし、やがて恋に落ちる。

ニューヨークに行けば歌も踊りももっとうまい俳優がいくらでもいるのに、ハリウッドスターに歌って踊らせることに賛否両論があるのは無理もない。実際、ゴズリングとストーンのダンスやデュエットも、圧巻というよりはほほ笑ましい印象が強い。だがそれがかえって、大胆だけれど、大げさ過ぎないこの映画にぴったり合っている。

ニュース速報

ワールド

原油先物が下落、OPECによる減産延長期待も米増産

ワールド

ベネズエラ大統領、国連に医薬品支援を求める

ビジネス

中国工業部門企業利益、1─2月は前年比31.5%増

ワールド

中国とNZ、自由貿易協定の強化で合意 「一帯一路」

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 4

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 5

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 6

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    スペシャルドラマ『LEADERS II』が日本を熱くする!

  • 9

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 10

    トランプ、オバマケア代替法案の否決恐れて撤回指示

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月