最新記事

映画

『ラ・ラ・ランド』の色鮮やかな魔法にかけられて

A Fantasy Called Movie Musical

2017年2月17日(金)10時40分
デーナ・スティーブンズ(映画評論家)

ジャズクラブを開くのが夢のセバスチャンと女優を夢見るミアは、何度かの偶然が重なって恋に落ちる © 2017 SUMMIT ENTERTAINMENT, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. PHOTO CREDIT: EW0001: SEBASTIAN ( RYAN GOSLING) AND MIA (EMMA STONE) IN LA LA LAND. PHOTO COURTESY OF LIONSGATE.

<アカデミー賞最有力候補との呼び声も高い、話題作『ラ・ラ・ランド』の野心と情熱に脱帽>

デイミアン・チャゼル監督の最新作『ラ・ラ・ランド』は、冒頭からエンジン全開だ。

ロサンゼルスの真っ青な空からフリーウエーに目を落とすと、そこは朝の大渋滞。イライラして窓から顔を出す人もいれば、クラクションを鳴らす人もいる。やがて車列の間を滑るように動いていたカメラが、運転席で歌っている女性の横で止まる。

次の瞬間、彼女は車から降りて踊りだす。たちまちいくつもの車からカラフルな衣装の若者が降りてきて、路上で、車の上で、中央分離帯の上で踊りだす。道路はあっという間に、ショービジネスの世界で成功を夢見る若者たちのエネルギッシュな舞台へと変身する。

チャゼルと撮影監督のリヌス・サンドグレンは、このシーンを大胆な長回しで描き出す。もちろんデジタル技術もいくらか使っているが、カットなしで上下左右に流れるようなカメラワークは、まるで古き良きミュージカル映画を見ているよう。「このシーンにワクワクしない人は、次の出口ランプで降りてください」というメッセージが聞こえてきそうな野心的なオープニングだ。

それ以降はオープニングほど大胆な試みはないものの、『ラ・ラ・ランド』では古き良き時代へのノスタルジーと、現代的な味わいが見事に溶け合っている。

【参考記事】オリバー・ストーン監督が描く愛国者スノーデンの裏切り

主人公2人の絶妙な相性

例えば、主人公の寝室には往年の大女優イングリッド・バーグマンの巨大なポスターが貼られている。彼女の恋人が崇拝するのは、ジャズピアニストの巨匠セロニアス・モンクやホーギー・カーマイケルだ。また終盤で観客の胸を打つ美しく悲しいバラードは、ミュージカル映画の傑作『シェルブールの雨傘』を思い起こさせる。

とはいえ、『ラ・ラ・ランド』は決して昔のミュージカル映画を再現したわけではない。たとえチャゼルの独創的なアイデアがオープニングほど絶妙な効果を発揮していないシーンでも、この映画は大胆で、おかしくて、生き生きとしたエネルギーに満ちあふれている。

ミア(エマ・ストーン)は、映画撮影所のカフェで働く女優の卵。いつかスターになることを夢見ながら、本物のスターたちにコーヒーを出している。一方、セバスチャン(ライアン・ゴズリング)はジャズを愛する場末のピアノ弾きだ。

ある晩、セバスチャンはレギュラー出演していたレストランで、支配人に指示されていない曲を弾いてクビになってしまう(支配人を演じるのは、チャゼルの前作『セッション』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズだ)。

ミアもセバスチャンも頑固な理想主義者で、成功するために妥協するべきかどうか思い悩んでいる。冒頭のフリーウエーで出会った2人は、その後もロサンゼルスのあちこちで偶然出くわし、やがて恋に落ちる。

ニューヨークに行けば歌も踊りももっとうまい俳優がいくらでもいるのに、ハリウッドスターに歌って踊らせることに賛否両論があるのは無理もない。実際、ゴズリングとストーンのダンスやデュエットも、圧巻というよりはほほ笑ましい印象が強い。だがそれがかえって、大胆だけれど、大げさ過ぎないこの映画にぴったり合っている。

ニュース速報

ビジネス

メキシコはNAFTA交渉打ち切り、米が輸入課税提案

ビジネス

中国、為替市場への監視強化へ=国家外為管理局長

ワールド

マレーシア、金正男氏殺害現場の空港に安全宣言 検査

ワールド

金正男氏殺害、北朝鮮の国家保衛省・外務省が計画=韓

MAGAZINE

特集:習近平vsトランプ

2017-3・ 7号(2/28発売)

「一つの中国」容認で矛を収めたかに見えるトランプだが、世界の新リーダーを目指す中国との貿易戦争は起きるのか

人気ランキング

  • 1

    アメリカ流「餃子の作り方」に物申す⁉

  • 2

    金正男氏の息子、キム・ハンソル氏と中国の動向――中国政府関係者を取材

  • 3

    パーフェクトな容姿に「変身」したイバンカ その品位はどこに?

  • 4

    広がる仮想通貨 本格利用に「差し押さえ」など法的…

  • 5

    世界が共感するヌード写真家レン・ハン、突然の死を…

  • 6

    歴代トップが犯罪容疑にからむIMFに、高まる改革要求

  • 7

    アカデミー賞を取り損ねた名優、名子役、名監督......

  • 8

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    身近な「サイコパス」から身を守るための知識

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 3

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 4

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛O…

  • 5

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 6

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 7

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 8

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 9

    金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が…

  • 10

    アメリカ流「餃子の作り方」に物申す⁉

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデターもあり

  • 3

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 4

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 8

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 9

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

  • 10

    トランプの人種差別政策が日本に向けられる日

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月